2003年01月20日

貴乃花引退

かなりショックです。ケガや故障は自ら招いたものだとはオイラも思うが、だからって清清しい気持ちで引退なんてのはどうだろうか。どうみても悔しい引退に思える。確かに昨日の取組はあまりにもヒドかったってのはあるが、今日の引退はちょっと許せない。タイミングが悪い。このタイミングで引退するくらいなら、先々場所千秋楽っで引退すべきだったね。もっと言うなら、先場所優勝して引退ってのがベストだったね。再起をかけて先場所休場して今場所に望んだが、再起失敗で引退ってのは、あまりに敗北感が残る引退だ。同年代の人として、若くして厳しい世界に身を投じ、少しの甘えも泣き言も許されない、親も家もない、そんな中で15年も生きてきた。そんな彼をずっと意識してきた。苦しい時、その苦痛に負けそうになった時、何度となく、彼を見て自らを恥じ、悔しさに歯ぎしりし、戒め、また頑張れた。今日引退を宣言した彼に感謝と労いの言葉を送りたいのと同時に、引退に納得出来ず悔しさが込み上げてくる。一大相撲ファンとして言うならば、千代の富士の引退の時には、貴乃花をはじめとする多くの若い力士の台頭があり、世代交代を強く意識させたが、今度の貴乃花引退では、後を安心して任せられるような力士がまだいない中でのものだっただけに、相撲人気がこのまま下降線を辿ることになるだろうと、すごく不安だ。

Recent Entries

  1. 貴乃花引退