2003年01月11日

DVD 『アリーテ姫』

ようやく手に入れた。どこにもなくて遂に禁じ手の通販に手を出してしまったが、それだけの価値はあった。デジタル技術を使ってはいても、表現は古典的という独特の映像に、深いメッセージ性の強い脚本に、またしても泣かされてしまったワイ。しかしそれにしても、上映時間105分中なんと40分近くも主人公フリーズ状態が続くこの作品に、東京都写真美術館で観た時は、いったいこの映画はどうなるものかと一瞬不安になったりしたことを思い出した。