2003年03月06日

『ボーリング・フォー・コロンバイン』

がいつのまにか公開してた。だいぶ前に米国批判やってるニュース番組の中で紹介されてて、見たい見たいと思っていたが、何も映画館まで観に行くことの程もないノというより、これはビデオで観た方が良い映画だろうね。字幕多そうだし、何度も巻き戻しをして字幕や映像を確認することになりそうだからね。
を見てきたんだけど、気に喰わんトコはやっぱり気に喰わんままやし、凄いトコはやっぱり凄い。まず、気に喰わんのは、微妙に原作と違うトコ。行間を演出するってんならわかるけど、原作削って創作加味してるから、だいぶ違う。メリーとピピンの描き分けは相変わらずされてないし、レゴラスとギムリの友情もしっかり描かれてはいない。メリーはちゃんとエントの水飲んでパワーアップしとかないと、来るべき大戦に挑めないぞ。何より評論社版を呼んでたオイラには、ゴラムはやっぱり違和感がある。やっぱゴクリでしょ。ほんでもって凄いトコは、やはりフルCGキャラ。ゴラムやエントはよく動いてたね。俳優の演技をトレースしてるだろうから、CGがちゃんと演技してた。