2003年11月01日

『JM』

1995年の作品だが、恐ろしく4年後のマトリックスを暗示する設定にあふれているねぇ。脳に差し込むプラグや、バーチャルワールドへの侵入、レジスタンス…。何よりキアヌ・リーブス演じる主人公の名前がスミスだものな。作品としてはかなりショボいが、そういう意味では、ちょいと侮れぬ映画だな。

Recent Entries

  1. 『JM』