2003年12月23日

『突入せよ!"あさま山荘"事件』

映画がどうのってなことより、この事件そのものに非常に興味があって、NHKのドキュメント番組とか、佐々淳行のインタビューとか見たりしていたので、一際感慨深い。しかし、殉職者の葬式のシーンがほんの一瞬しか出て来ないのは頂けない。原作は佐々淳行のハズだが、彼の殉職者に対する意識がこの程度のものだったとは思いたくないのだがなぁ。もっと突入した隊員たちや、殉職した者の遺族を描くべきではないのか。これならば、NHKのドキュメント番組の方が余程良かったな。