2004年04月10日

イラクの人質

人質3人には助かって欲しいものだとも思うが、家族のあの態度は正直不愉快。本来であれば、内心をグッと堪えて「当人たちは死を覚悟して行ったのだから、たとえ殺されたとしても本望でしょう」と自制してみせるのが、良識ある大人の態度であろう。それこそ日本人であろう。しかし、あぁも臆面もなく自分の子供の命のために自衛隊撤退しろだの、自衛隊批判まで飛び出す始末。呆れてしまいますな。名指しで日本を敵国だと言う武装集団がいるほぼ戦争状態の国に行って、無事でいられると思う方がどうかしてる。だいたい政府が危険だと言っているのに、勝手に行っちゃったこの3人の自業自得なことは、小学生だってわかるってのに、あの親たちの、自分たちには全く非がないのに不幸に見舞われたような被害者然としている態度や言動には、どうにも腹立を抑えられない。
そんなことはないだろうが、もし自衛隊がこれがために撤退したとしたら、その国政上のダメージをこの3人とその親たちはどう取るつもりなのか。国家だろうが、自衛隊員だろうが、他人のことなんてどうでもいい、自分の家族さえ無事なら…てな意識をものすごい感じられて不愉快極まりない。
だいたいが、人質取ったら言うことホイホイ聞いたら、日本は人質取ったら要求が通る国だとして、世界中で日本人が狙われるぞ。
まったくイライラさせられる…。

Recent Entries

  1. イラクの人質