2004年08月10日

『サンダーバード』

観てきました。まぁ、そつがない作りで、底々楽しめた、かな…。
画もイイし、キャスティングも決まってたし、美術も申し分ない……が、テーマが弱いのと、メカがあんまし活躍しないので、ちょいと物足りなさが残った。アランが主役にするために、4人の兄ちゃん達全然活躍しないし、人間ばっかり動いてメカは出てきただけってな感じ。1号と2号の見せ場はオープニングだけで、あとは4号とおまけメカが動いてたくらい。ペネロープ号も飛んだだけだし。これは1回こっきりの記念映画にせずに、シリーズ化しないと逆にツマらないねぇ。導入編としてならばこの映画はまぁOKかな、ってな感じだな。
ところで、5号の場所は何故バレたんだろうか? トレーシーアイランドも潜水艦近づいてるのを感知できなかったし、防御体制が整ってなさスギ。ペネロープはフッドの超能力知ってて2度もやられるとは頭悪いにも程がある。ワザとなのかなぁ…?
それにしてもペネロープとミンミン(ティンティン)はよかった。マリア・シャラポワといい、あの胸ポッチは流行ってんのかねぇ。胸にばかり目がいっちゃいますよ。胸に目が行って目が行って、それがちょっとだけこの映画の評価を上げてるなんて他人にはとても言えません…。

サンダーバード