2004年10月18日

『華氏911』大統領選前日のTV放映中止

やっぱりTV放映予定あったんだね。9月上旬に契約を結んでいたそうだ。
ところが今月中旬になって突如、放送会社であるイン・デマンド社が「法律上の問題があるため」として放映中止をマイケル・ムーアに通告してきたのだという。
これは誰がどう見たって上からの圧力があってのことでしょう。それにしてもヒドいな。
不甲斐ないケリー氏のおかげで、あのブッシュ相手にこうも接戦を強いられている現状では、『華氏911』のTV放映は非常に効果的かと思われる。この放映でわずか何%でも票が動いたとしたら、それだけで勝敗を左右しかねないはず。是非とも放映してもらいたいものだが、アメリカには気骨ある放映会社はないのかねぇ。