2004年10月19日

『ヘルボーイ』

ヘルボーイ

観て来ました。原作は表紙だけ見たことがあるだけで、読んだことはない。
とりあえず、あのロン・パールマンが特殊メイクでヘルボーイを演じるというので、それだけで観に行ったようなもの。映画自体はさほど期待してはいなかった。
だが、良くも悪くも期待通り…。
特殊メイクとキャラ、特撮がスゴいけれど、全体的にはボリューム不足。なんか狭い空間でのシーンばかりで、せせこましい感じだったな。脚本もまとまり過ぎ。生まれは関係ないとかいうテーマもとって付けたような違和感があった。
アメコミなんだから、もっと単純に魔物同士の対決に終止した方が良かったのでは?
『X-MEN』みたいな特殊能力合戦をもっと見たかったのに、ヘルボーイとクロエネンの対決があっさり終わってしまったのが残念。強力なライバルっを置くことで、断然魅力的な作品になりそうな素材なのにな。ヘルボーイやエイプのキャラが良かったので、2人のやりとりなど、コミカルな部分をもっと増やしても良かっただろう。
人気コミックだから、続編作られてもおかしくはないね。次はストーリーよりもキャラに重点を置いて作って欲しいね。

trackbacks

ヘルボーイフィギュア from ヘルボーイブログ

先日書き込みの中に、「もっとグッズを紹介して〜」という書き込みがあった。 そう言われれば…せっかくブリスターで仕入れたのに、 石田のオモチャになったままだっ...