2004年12月01日

『ハウルの動く城』

『ハウルの動く城』

1000円で見られる映画の日だってのに、『Mr.インクレディブル』がまだ始まっていないので、仕方なく『ハウルの動く城』を観てきました。
結構良かった。
宮崎アニメのブランドは、どうも『もののけ姫』と『千と千尋の神隠し』で高尚なアニメというようなイメージがついちゃって、何か哲学的な深いテーマが全面的に出てくるもんだ、という感じがあったのだけれど、今回は割合と軽いタッチで逆にそれが良かったように思えた。もちろんテーマはしっかりあるんだけど、重くないので素直に楽しめた。
何だか『アリーテ姫』を思わせるような話だったな。
もともと宮崎駿の画風は純朴な感じなんだから、世界がどうだとか心理的な問題だとかそんなんじゃなくて、『魔女の宅急便』だとか『となりのトトロ』のような良い意味でスケールの小さい、心の温まる絵本や童話のような世界を描く方が良いように思われる。日テレが作品を大きく宣伝しすぎなんだよなぁ。
どうかなぁと思っていた木村拓哉はそれほど気にならなかったし、倍賞千恵子も最初こそ違和感あったが流石、ちゃんと18歳の少女を演じていた。
期待せずに、軽い気持ちで見に行けば結構楽しめる映画だったかな…。