2005年10月01日

『シン・シティ』

シン・シティ

観てきましたよ。
実に刺激的な映画でした。その表現はまさに漫画的(日本のマンガじゃなくてアメコミ)で、殴る、撃つ、爆発するで、人が面白いように吹っ飛ぶ様は痛快。CGを結構使っているのだけれど、モノクロなせいか、気にならないような巧みな使い方をしてくれているし、陰影をうまく使った画作りは絶妙で、荒々しいタッチでありながら非常に洗練されている。この映画の印象を一言で言うと、「イカしている」という言葉が一番的確だと思う。まったくイカしているよ。
何点か原作の絵を見たが、この映画はおそらく原作のまんまなんだろうねぇ。この映画が成功しているのは、他の漫画原作の映画のように「原作をベースとした映画作品」を作るのではなく、「マンガの実写化」に終始したためなのではなかろうかと思われる。

キャスト陣もスゴいね。オイラも良く知っている顔ばかりが出てきていたよ。
ブルース・ウィリス、 ミッキー・ロークに、
『キング・アーサー』のクライヴ・オーウェン
『ダーク・エンジェル』のジェシカ・アルバ
『スナッチ』のベニチオ・デル・トロ
『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド
『グリーンマイル』のマイケル・クラーク・ダンカン
『パール・ハーバー』のジョシュ・ハートネット
『ターミネーター3』のニック・スタール
『キル・ビルVol.2』のマイケル・マドセン
『ブレードランナー』のルトガー・ハウアー
等々。

ミッキー・ロークわからなかったな。ミッキーロークだと思って見ても、ドルフ・ラングレンにしか見えません。イライジャ・ウッドとニック・スタールはヒドいね。

『キル・ビル』以来、久しぶりに興奮したゾ。DVD買ってもう一度見たいな。

Recent Entries

  1. 『シン・シティ』