2006年05月29日

『下妻物語』

下妻物語

音楽担当が菅野よう子だと言うので前から気になってはいたのだが、観るのは初めて。
それというもの自称マリー・アントワネットの生まれ変わりの深田恭子が癇に障っていたからなのだが…。

観てみると、意外にも面白かった。
映像が良く知っている監督のモノに似ていたので、気になって調べてみると、案の定中島哲也監督の作品だった。中島哲也と言えば、スゴい好きだった『私立探偵濱マイク(TV版)』の監督じゃないか。そうか、そういうことだったのか。全然知らなかったわい。
で、今月27日に公開された『嫌われ松子の一生』も中島哲也の監督作品で、今日の放送はその広告戦略だったワケだな。最近の映画業界事情に疎過ぎだなオイラ。

となると『嫌われ松子の一生』はかなり面白そうだな。劇場に観に行っちゃおうかな。