2007年08月05日

『トランスフォーマー』

TRANSFORMERS

観てきました。
はっきり言ってストーリーにはまったく期待をしていなかった。見たいのはトランスフォーマーたちのCGのみ。特に予告編で見たスタースクリームの変形シーンが超カッコ良かったのでこれに期待していた。

予想通り脚本はヒドくて、映画全体評としたって、決して及第点をあげられるものではない。設定や展開は陳腐な上、キャラクターが魅力的ですらない。
それにしてもアレはすごいCG技術だな。あれだけの巨大なCGによる物体が画面の中でまったく違和感がなくなってしまっている。驚くべき技術だ。この点には関心をした。

ただし、ボディデザインが複雑すぎ、さらにテクスチャやエフェクトが追加されているので、画面への不自然さはないが、その反面何かにつけ動きがわかりにくい。取っ組み合いのケンカをおっぱじめても、殴っているのか殴られているのかはおろか、優勢なのか劣勢なのかさえ判別できない。
形状の捉えきれない複雑な物体が激しくぶつかり合ったと思ったら、何をやったのかわからないまま、どちらかがやられているといったアクションが繰り返され、何をやったんだ今?ってな感じで置き去りにされることが多かった。迫力のみを追求するために、敢えて動きの明確さを犠牲にしたものと思われるが、それにしても分かり難過ぎ。

スタースクリームのシーンは思った程なかったし。
メガトロンは巨大な拳銃になって欲しかったな。

興行成績次第では続編がありそうな感じ。
次回作ではスタースクリームの変形シーンをもっと見たいものだ。