2008年02月15日

陸上自衛隊新型戦車お披露目

陸上自衛隊新型戦車

開発中の陸上自衛隊の新型戦車が、2月13日に相模原市の研究施設でお披露目されたとのこと。
平成22年度配備を目指して開発中の試作車両だそうで、戦車間での情報共有システムを内臓したハイテク機とあって、開発費用は約484億円、1両約7億円の製造費がかかるらしい。
デジタル機器のみならず、夜間や悪天候でも正確な射撃を可能にする新機器を備えた120ミリ砲に、短時間の装甲着脱を可能にした「モジュール型装甲」を導入し、重量は90式戦車より約6t軽い約44tに抑えているという。
冷戦終結により日本本土上陸侵攻の可能性が低くなったこともあり、新型戦車開発の必要性を疑問視する声もあったそうだが、そこはそれ、戦車は男のロマンだから・・・。

Recent Entries

  1. 陸上自衛隊新型戦車お披露目