2008年04月09日

美少女ゲームの世界を再現した3D仮想空間 ai sp@ce

ai sp@ce

ビジュアルアーツ、ドワンゴ、オメガビジョン、サーカス、ヘッドロックの5社で構成する「ai sp@ce製作委員会」が、『CLANNAD』『SHUFFLE!』『D.C.II』の世界を再現した3D仮想空間「ai sp@ce(アイスペース)」を今夏に公開することを発表したとのこと。

 『CLANNAD』提供: ビジュアルアーツ(Key)
 『SHUFFLE!』提供: オメガビジョン(Navel )
 『D.C.II』提供: サーカス
 開発: ヘッドロック
 インフラ、ネットサービスのサポート: ドワンゴ

「ai sp@ce」とは、ユーザーが自分のアバターを作成して「キャラドル(美少女キャラクター)」の中から1人を選び、各作品の世界を再現した「島」で生活をするというもの(要するに初音島なワケね)。
キャラドルと同棲する家の家具を購入したり、衣装の着せ替えやモーションを覚えさせたりして、自分好みに育てる(作る)ことができ、会話機能も盛り込む予定だとか。これっておそらく文字会話になるのだろうが、担当声優による音声で応えてくれたりなんかしたら、かなりヤバいものになるな。ちょっと静観できないゾ。

二人暮しを楽しむ他に他ユーザーとのチャットで情報交換などもでき、3作品の世界を再現した各島は、秋葉原を忠実に再現した「アキハバラ島」という空間に繋がっているのだそうだ。
ここでは、アイテム販売の店を出店したり、ドワンゴが絡んでいるだけに「ニコニコ動画」にプレイ動画を上げ、「アキハバラ島」に設置したスクリーンで動画を再生するなどの企画も検討中だとか。

サービス開始時にクライアントソフトと特典入りの「スターターパック」を販売することで、開発費を回収してしまい、あとは衣装や家、土地、家具などアイテム、既製のモーションの販売の他、オリジナルモーションの作成登録料、さらに「アキハバラ島」の店舗スペースを企業向けに販売するなどの収益でサービスを軌道に乗せる計画とのことで、内容も然ることながら、事業的にも興味深い。

昨年流行した「CLANNADは人生」という言葉をやっぱり宣伝文句に利用している(マスコミが煽っているだけなのか?)点も皮肉な感じでおもしろい。「ai sp@ce」は萌え版「どうぶつの森」になり得るのかな?こんなのにハマッたら、オタクはますます現実世界の恋愛から遠のく気がするね。
オイラはとりあえず、声優が声吹き込むならやってみたい。


ai sp@ce  http://ai-sp.jp/