2008年07月21日

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0
観て来ました。

残念…というのが正直な感想。何でこんなことしたんだろうねぇ。
何だろう、あの安っぽいCGは。はっきり言って、中途半端なCGはセルより安っぽく見える。
闇に浮かぶオレンジ色の光という定番の色彩を盛り込んでいるが、取って着けたようで必要かどうかは疑問。
榊原良子の起用もオイラは反対だな。家弓家正の方が断然良かったと思う。
女のボディで女の声では、ボディとの親和性があり過ぎて性別のない情報生命体であるというキャラを確立できないし、だからといって青年の声では草薙素子との関係に色恋の要素が出てしまう。そこで枯れた年寄りの声にすることで、元々恋愛構造を持ちながら性別も恋愛要素も排するという演出は、オイラはかなり高く評価していたのだが、当の本人である押井守はそうは思っていなかったということか…。
ちなみに坂本真綾はそのままだった。

やっぱり押井守は『GHOST IN THE SHELL』(リニューアル前)が最盛期だったのかな。晩年崩れっぱなしの黒澤明を見る思いだ。『GHOST IN THE SHELL』以降裏切られっぱなしだが、何度裏切られても期待してしまうオイラがいて、一応『スカイ・クロラ』も観に行くのだが、ここらで押井守も見限るべきなのかも知れないな…。

Recent Entries

  1. 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』