2008年08月03日

『スカイ・クロラ』

スカイ・クロラ
観て来ました。

意外にも良かったです。
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0』を観てガッカリさせられたばかりなので、全然期待していなかったのが返って良かったのだろうか…。

今回監督業にのみ自分の仕事を限定した押井守の判断は正しかったというべきだろう。押井色が暴走気味だった最近の作品とは違い、程良く押井節が利いていたと思う。インタビュー通り、確かに押井守の中からは絶対生まれてこない話ではあったな。
『GHOST IN THE SHELL』という最高の作品を作り上げた男が、『アヴァロン』以降歯車が狂ったようにオカシくなってしまったのを不可解に思っていたのだが、『パトレイバー』『パトレイバー2』『GHOST IN THE SHELL』と、原作のテイストなり確立していたキャラなりで押井色が適度に抑えられた状態の作品と、『アヴァロン』以降の押井の独壇場となった状態での作品との違いということで理解すれば、十分に納得ができる。
監督としての力量は抜群であるのは間違いないので、今後は監督業のみに限定して活動をされた方が良いのではないかと思わせた映画であった。


作画については、
戦闘機のシーンのCGはかなり出来が良く、その上映像演出がこれまた素晴らしかった。
キャラの絵柄はほとんど『NARUTO』(キャラデザが西尾鉄也だからな)、メインキャラの草薙水素(すいと)は『GHOST IN THE SHELL』の草薙素子にモロかぶりだが、意外に気にならなかった。

押井守が若者に観てもらいたいと言うそのコンセプトやメッセージもストレートでわかりやすく好感が持てた作品であった。観て損はなし。