2007年07月02日

大相撲の新弟子検査受験者0人で中止に!!

相撲
日本相撲協会では、各場所前に新弟子検査を行っているのだが、7月8日に初日を迎える大相撲名古屋場所の新弟子検査に応募者が1人もなかったため、2日に予定していた新弟子検査を中止すると発表したとのこと。
これまでの最少記録である平成12年秋場所と昨年名古屋場所の受験者1人を更新して、史上初の受験者0人を記録してしまったことになるが、日本の国技である大相撲はいったいどうなってしまうのだろうか…。
舞の海が頭にシリコン埋め込んでまで新弟子検査に臨んだ時代が懐かしいな…。

弟子不足となれば、弟子を悪い意味で大切にして厳しさを欠く恐れもある。そんな甘えた環境でいい力士が育つわけはない。かといってこの厳しさを維持すれば、今時の日本の若者は付いてこられないだろうから、弟子の数は減り、これまた力士の質の低下を招きかねない。あるいは外国人力士がますます増え、国技としての体を成さなくなることも考えられる(両横綱がモンゴル人である時点ですでに国技の体を成してはいないが…)。

相撲人気の凋落振りがここまでだとは思っていなかったが、かく言うオイラも、朝青龍が嫌いで、彼を倒せない日本人力士に失望を覚え、やっと彼を倒せる力士が出たと思ったら、その白鵬もモンゴル人。こちらは然程嫌いってわけではなかったが、やはりモンゴル人に東西横綱を張られては日本人の面目丸潰れ感は否めない。そんなんで、ここ最近は場所全日程を見ることも少なくなってしまっていた。
土俵の外でも、若貴の不仲から朝青龍の八百長疑惑などスキャンダルが続き、つい先日も初土俵を踏んだばかりの17歳の力士が稽古中に死亡のニュースが流れたばかり。この間、日本相撲協会は、旧態依然として相撲人気復興のため、興行としての新機軸を何も打ち出す気配を見せなかった。これでは人気が下がっても当然と言わざるを得ない。興行である以上、客を楽しませる工夫、力士を憧れの存在とする努力などが必要であろうと思われるのだが如何なものか。
日本相撲協会は、自他共に認める角界ファンのデーモン小暮にでも意見を聞いてみたらどうだろうか。

2006年07月16日

露鵬3日間出場停止

サッカーW杯は全パスしたオイラも、大相撲だけはちゃんと見ているオイラ。

千代大海・露鵬戦

昨日7日目の取組の千代大海・露鵬戦で、露鵬が押し出されて負けた後、土俵下で睨み合いがあった。さらに露鵬は土俵に一礼をせずに退場。アナウンサーも「これはいけません」と言っていたが、確かにオイラも露鵬のこの態度には腹が立った。まったくなっとらんっ!

後の報道で、睨みつけた露鵬に対し、千代大海が睨み返して「何だコラ」と言ったらしい。
しかし、事はこれで収まらず、東の支度部屋に帰った露鵬は西の支度部屋まで行き、風呂に入っていた千代大海に殴り込みに行ったという。何とか風呂場に殴り込むのは露鵬の弟である白露山が止めたらしいが、怒りの治まらず風呂場のガラスを撲って割ったという。ヒドいなこれは。
さらにさらにこれで終わらず、何と審判部の事情聴取を終えて部屋を出てきた露鵬は、詰めかけた取材陣に怒りをぶつけ、カメラマン2人を撲って全治4日間の顔面打撲を負わせたのだという。もう救いようがないな。

この事件に対し、日本相撲協会が下した罰は、8日目から3日間の出場停止処分、師匠の大嶽親方(元関脇・貴闘力)には10%減俸3か月の処分というもの。
これはあまりにも甘い。最低でも全日出場停止の上謹慎というのが妥当。番付降下処分でも良いくらいだ。当の露鵬にしても、こんな不祥事を起こしておいて、どの面下げて土俵に上がるtもりなのだろうか。
こうした甘い処分を下した日本相撲協会に、事態の深刻さを充分理解していないのではないかとの疑いを持たざるを得ない。
まず、露鵬はプロの格闘家であって、彼の身体は武器と同じであり、たとえ手加減をしたとしても、彼の攻撃は武器を持った一般人の攻撃に匹敵するワケで、これは充分刑事事件だ。会社の人間が暴力事件を起こした時の社会的な責任の取り方、負わせ方はこんなもので良いハズがない。
そして日本人には、国技である相撲、そして力士には、清く正しくあって欲しいと思う期待と願望がある。この期待を大きく裏切り、その裏切った者に対する制裁が甘いということは、半ばそれを容認、あるいは軽く考えているという証拠であり、日本相撲協会自体が期待を裏切ったと言っても過言ではない。これは許されざることだ。角界の行く先が思いやられるわい。


2005年06月13日

花田家の家庭の事情

貴乃花親方と花田勝の確執……正直ヘコむ。聞きたくないな。

2005年02月03日

食玩DVDで名勝負を。 『Oh!相撲列伝』

今日スーパーで、『Oh!相撲列伝』っていう食玩を発見した。昭和50年から平成13年の取組から歴史に残る名勝負を10取組づつ収録したDVDを封入した食玩で、これまたブルボンから発売されている商品だ。
付いているお菓子の(いや、建前はお菓子がメインか…)、力士のまわしをイメージした『ひねり揚げ』って
のもちょいとイカしているなぁ。
Yahoo!ブログ

気になる収録内容は以下の通り…

【Vol.1 業師列伝】
業師の勲章ともいえる技能賞を多く受賞している力士を中心に華麗な技の数々を紹介し、相撲ファンの記憶に鮮烈に焼き付いている取組を収録
 [栃剣 vs小錦][益荒雄vs千代の富士][貴闘力vs千代の富士][舞の海vs曙]
 [舞の海vs北勝鬨][舞の海vs琴富士][琴錦vs武蔵丸][智ノ花vs貴ノ花]
 [旭道山vs曙][琴錦vs貴乃花]

【Vol.2 ライバル列伝】
大相撲新時代といわれたライバル対決を収録
 [北天佑vs隆の里][大乃国vs北勝海][大乃国vs千代の富士][北勝海vs大乃国]
 [曙vs小錦][曙vs貴花田][曙vs若ノ花][武蔵丸vs貴ノ花][貴乃花vs曙]
 [武蔵丸vs曙]

【Vol.3 ドラマ!優勝決定一番】
幕内最高優勝を目指して死闘を繰り広げる優勝決定の戦いの数々を紹介
 [貴ノ花vs北の湖][朝潮vs若嶋津][北勝海vs旭富士][千代の富士vs北勝海]
 [小錦vs琴ヶ梅][北勝海vs小錦][貴ノ浪vs貴乃花][貴ノ浪vs貴乃花]
 [貴乃花vs武蔵丸][貴乃花vs武蔵丸]

【Vol.4 柔よく剛を制す】
ハワイ出身力士の登場により、大相撲の一つの名物にもなった小兵力士と巨漢力士の対決を紹介
 [千代の富士vs小錦][若嶋津vs千代の富士][千代の富士vs大乃国]
 [保志vs隆の里][北天佑vs小錦][霧島vs大乃国][安芸乃島vs小錦]
 [貴闘力vs武蔵丸][若乃花vs武蔵丸][安芸乃島vs武蔵丸]

【Vol.5 運命を引き継ぐもの】
貴乃花、若乃花に代表される二世力士の活躍を紹介いたします。
 [寺尾vs小錦][逆鉾vs大乃国][貴花田vs寺尾][貴花田vs千代の富士]
 [貴花田vs小錦][若花田vs久島海][小城ノ花VS若ノ花]
 [小城錦vs貴ノ花][若乃花vs貴乃花][栃東vs若乃花]

これは全買い必至だな。楽天で買っちゃおうかなぁ。

2004年11月18日

武双山引退

武双山正士

最近の成績や調子から半ば予想していたとは言え、何とも惜しいな。初土俵から、髪が伸びきらず大銀杏を結えない程のスピード昇進で幕内を席巻、前途を大いに嘱望されていた力士だっただけに、ついに横綱となれず引退することになるとは、非常に残念だ。
その体格といい、相撲のスタイルといい、オイラも武双山は絶対に横綱になる逸材だと思っていたのだがなぁ。腰痛、左肩の脱臼、左足親指の怪我、ぶくらはぎ肉離れといった度重なる怪我の結果、大関止まりとは、わからんものだ。
貴乃花といい、武双山といい、あのハワイ巨漢力士時代に激戦を強いられてきた力士は、不運と言わざるを得ないな。

2004年01月20日

朝青龍

豪快なつり落としで琴光喜をたたき伏せた朝青龍。一度目に技を掛けた時には不充分だったが、ここで強引に勝ちに行かずに、充分な体制に移してから改めて技を放つという、余裕さえ感じる磐石な相撲を見せた。むぅ…確かに強い。この力士大嫌いだが、その強さだけは認めずにはいられまい。大嫌いなだけに、逆に他の力士の腑甲斐無さに腹が立つ。だれか奴を倒してくれ。

朝青龍つり落とし

2004年01月18日

深夜大相撲

今場所から『大相撲』全取組が深夜に放送されるようになった。0時15分からだけかと思ったら、4時30分からも放送されてて、15時12分からの放送を入れると1日3回放送していることになる。これはテレビ朝日の『大相撲ダイジェスト』の放送終了を受けての配慮かと思われる。放送時間もだいたい同じだしな。

2003年11月17日

武蔵丸引退

武蔵丸と上野の西郷さん

とうとう引退ですか。6場所連続休場から再起をかけての今場所だったが、貴乃花と同じパターンだ。しかし、これでハワイ出身の巨漢重量力士が途絶えたな。小錦に始まり、曙、武蔵丸と重量+パワー相撲の席巻で、上位を目指そうとすれば、体重を増やさなければならず、寺尾、旭道山、舞の海など小兵力士はなかなか上位に昇れない、言うなればパワー相撲の時代だった。そのおかげで膝を壊したり、身体の故障が原因で力士寿命を減らした者も多く、これが休場数を増加させ、さらには大相撲人気の衰退を招いたと言えなくもない。
ハワイ力士時代が終わり、今は朝青龍をはじめとするモンゴル出身力士時代になった。東欧の力士も続々台頭してきている。この意味においても角界において、ハワイ出身力士勢の与えた影響は大きいと言えよう。
ハワイ出身力士は、角界に一時の隆盛とおまけに衰退までも齎したが、ハワイ出身力士の消えた今、再び大相撲人気は復活できるのだろうか? 今の角界に何が足りないかは明白だ。それはスター力士。特に横綱だな。不良じみた朝青龍は実力はあっても人気はないし、人気はあっても横綱になれる実力はない高見盛 の2人では、大相撲は満員御礼は出せまいて。

2003年07月16日

横綱がいない

またしても横綱不在の大相撲。落ち目です。角界こそ、構造改革が必要なんではないのか? ケガが多い理由として、以前は曙、武蔵丸をはじめとする重量力士が増えたことが挙げられていたが、現在はそれほど重量力士が多いという印象はない。やはり食事と稽古のやり方が変わったからってのが原因と思われ…。親方たちも、ねばりのない現代っ子力士に手を焼いているのだろう。

2003年07月10日

またも朝青龍

先場所の因縁があるだけに注目だった旭鷲山戦。今度はさらにヒドい結果に。横綱が反則負けってどうよ? 故意とかそんなんが問題じゃない…いや、あれは旭鷲山への感情が無意識に出たんだと思うよね。武蔵丸もケガで動き悪いし、大相撲を牛耳るのがあの朝青龍だと思うとイヤになるねぇ。誰かヤツを引きづり降ろして下さい。
…高見盛がんばれ。

2003年06月01日

貴乃花断髪

昼間やってた断髪式はまだ見ていないが、7時から披露パーティーとかやってました。タキシード姿で登場した貴乃花は、あらさっぱり。なんかアホっぽい感じになっちゃって、まぁ。まだ捨て切れぬ思いだったいろんな感情がブッ飛びました。昨日やってたハズの寺尾の断髪式のニュースまだ見ていないな。寺尾は大銀杏以外も似合いそうだけどね。

2003年01月20日

貴乃花引退

かなりショックです。ケガや故障は自ら招いたものだとはオイラも思うが、だからって清清しい気持ちで引退なんてのはどうだろうか。どうみても悔しい引退に思える。確かに昨日の取組はあまりにもヒドかったってのはあるが、今日の引退はちょっと許せない。タイミングが悪い。このタイミングで引退するくらいなら、先々場所千秋楽っで引退すべきだったね。もっと言うなら、先場所優勝して引退ってのがベストだったね。再起をかけて先場所休場して今場所に望んだが、再起失敗で引退ってのは、あまりに敗北感が残る引退だ。同年代の人として、若くして厳しい世界に身を投じ、少しの甘えも泣き言も許されない、親も家もない、そんな中で15年も生きてきた。そんな彼をずっと意識してきた。苦しい時、その苦痛に負けそうになった時、何度となく、彼を見て自らを恥じ、悔しさに歯ぎしりし、戒め、また頑張れた。今日引退を宣言した彼に感謝と労いの言葉を送りたいのと同時に、引退に納得出来ず悔しさが込み上げてくる。一大相撲ファンとして言うならば、千代の富士の引退の時には、貴乃花をはじめとする多くの若い力士の台頭があり、世代交代を強く意識させたが、今度の貴乃花引退では、後を安心して任せられるような力士がまだいない中でのものだっただけに、相撲人気がこのまま下降線を辿ることになるだろうと、すごく不安だ。

2002年09月22日

千秋楽

貴闘力、湊富士に引き続き寺尾までが引退。大相撲人気を支えた力士が次々と土俵を後にしてしまった。年齢的にも引退の時期であったことは十分わかっているのだが、残念この上ない。さて、今場所の貴乃花であるが…、「優勝は逃したがよく頑張った」だの「予想を覆す大健闘」だの、皆一様に貴乃花の健闘を讃えた、しかし、優勝を信じ切っていたオイラとしては到底納得がいく結果ではなかった。「何やっとるんじゃ!貴乃花!!」と、怒りさえ憶えた。来場所では必ず優勝してもらわねばこの怒りはおさまらない。必ず、ダ!

2002年09月20日

再び貴乃花

「11勝2敗。優勝の可能性も出てきた」って、みんなわかってないな。何の為に先場所出なかったと思っているのだ。貴乃花は優勝狙って今場所に臨んでいるのであって、決して予想外の健闘ではないのだ。世間の批判を背に、これだけの長い期間休場を続けた横綱は、並々ならぬ決意と覚悟をも今場所を闘っており、おそらくは全勝優勝をするつもりだったハズ。だから、前半の2敗の試合こそが予想外であって、土佐の海戦での「待った」に至っては、どうかしてしまったのじゃないのか、とさえ思った。しかし、「待った」をした後の相撲を見たら、そんな不安は消し飛んだ。快心の相撲だった。横綱貴乃花にとってはかくも屈辱的な「待った」、しかしこの「待った」をした後の横綱には、休場前ノ最盛期の、あの眼光が戻っていた。その眼光が本物であることは、その後の試合が証明してくれている。あと2日、魁皇も武蔵丸ともに倒し。見事優勝して欲しい。

2002年09月11日

貴乃花

には正直頑張ってもらいたい。最盛期の姿からは明らかに見劣りする彼…筋肉の張り、眼光、全身を包むオーラ、すべては見る影もない…だが、それでも今の相撲界を救えるのは彼でしかあり得えないからだ。人気不振のために大関昇進の規準を下げるなど、グダグダの相撲協会。そうした姿勢が余計に人気を下げる原因になっていることに彼等は気がつかないのだろうか?人気絶頂の頃の大相撲を憶えている者にとって、貴乃花はあの頃…良き時代の頃の象徴なのだ。彼の復活なくして真の相撲界の復活もまたあり得ない。兄の若乃花…現・花田勝がダメダメな姿を曝すことで相撲不人気を助長し、母親もまた生き恥を曝すことでこれに加勢する…彼には相撲人気復活に貢献する義務があるハズだ。何より自分のために…。