2008年05月15日

青二声優の着せ替えが登場

青二きせかえ
青二きせかえ

GAMERSmobileで、青二所属声優による着せ替えツールの配信が開始されたとのこと。
いつ出てくるかなと思っていたら、遂に来ましたか。
ラインアップは野中藍、白石涼子、金田朋子、伊藤かな恵の4人。

野中藍、白石涼子はお約束として、金田朋子が入っているのは愛嬌といったところか。意外に写真写りイイです(とても35歳には見えない…)。
ジュニアの伊藤かな恵が入っているのは外見も然ることながら『しゅごキャラ』の主役やっているというトコが大きいのだろう。
桑島法子くらいは入っているかと思ったがナシ。
鹿野優以、神田朱未はビジュアルで落とされたか?

サイトでは伊藤かな恵の無料メイキングムービーも見ることができた。今後白石涼子や野中藍のメイキングも配信される予定とのことなので、是非とも見たいものだ。

この着せ替えツール、音声が出るのかどうかが一番気になるところなのだが、まだDoCoMoしか対応しておらず、auユーザーのオイラには確認することができなかった…無念。
青二じゃないが、水樹奈々や井上麻里奈、田中理恵とかも出して欲しいゾ!


GAMERSmobile  http://bro.tjrm.jp

2008年05月07日

かのこんの時計は激エロ

かのこん音声入り目覚し時計

先日一気に『かのこん』の1~5話を見てみた。
エロいエロいとは噂で聞いていたが、予想以上にエロかった。
なんと川澄綾子のセリフのほとんどがエロゼリフ。
しかも相手役が能登麻美子ときている。

「能登麻美子になりたい」
「40歳になって一人だったら麻美子一緒に暮らす」

などという発言を繰り返し、二人で温泉旅行に行ってしまう川澄綾子だけに、このキャスティングはもはや狙っているとしか思えない。

 純真な男の子を激烈に誘惑する巨乳美少女…
 純真な能登麻美子を激烈に誘惑する川澄綾子…

こんな言葉が頭をよぎる。
川澄綾子の攻めがリアルに思えてきてイヤらしさ倍増なのだ。生々しいよ。リアル過ぎるでしょう。
メディアファクトリーで配信されている番組のネットラジオ「かのこんラジオ~耕太とちずるのゆやよん成長日記~」でも2人のラブラブ振りはスゴい。
オイラ知らなかったのだが、「ゆやよん」って胸揺れの新しい擬音語なのな。こんなものが流通していたとは・・・。

で、

「かのこん音声入り目覚し時計」なるものが発売されるらしい。
これが大方の予想通りかなりエロい。

「おはよ、もう朝よ~!起きてくれたら、ごほうび、あげちゃう! 賞品は源ちずる、ぴっちぴちの狐っ娘よ。あれ、もしかして、ちずるのおっぱいじゃ物足りなくなっちゃった?じゃあ、仕方ないから‥こっち側に‥チャレンジしちゃう?」

「うふふふふ。起きた? ちずるね…朝から欲しくなっちゃった。あなたが‥あなたが欲しいの。あなただったら何をされてもいい。ううん‥むしろして欲しい。ちずるの全てをあげたいの あなたの全てが欲しいの、もう我慢できないの!」

これヤバいって。

2008年04月25日

MAPLUSポータブルナビ2にに釘宮理恵と若本規夫が追加

MAPLUSポータブルナビ2

PSPのナビソフトである『MAPLUSポータブルナビ2』用音声に、新たに釘宮理恵と若本規夫が追加されたとのこと。すでに古谷徹、l緑川光、増山江威子、落合祐里香、池田秀一の5人が発表されているので全部で7人のキャストになる。公式サイトでは音声サンプルが公開されている。

古谷徹 [青二]
「さあ一緒に出かけよう。ボクの任務はキミを無事目的地に送り届けることなんだ」

緑川光 [青二]
「オレに道案内を頼みたいって物好きは、お前か?OK、銀河の果てまで連れてってやるぜ」

増山江威子 [青二]
「は~いダーリン、私、道案内には自信があるの」

落合祐里香 [元氣プロジェクト]
「へ!? 私がナビをするんですか?うっ、うまくできるかな~」

池田秀一 [俳協]
「道を尋ねるとは、すなわち人生を尋ねることだ。私に付いて来る気はあるか?」

若本規夫 [シグマ・セブン]
「う~んぶるるるるるるる、オレ様を呼び出したのはお前か?まっ、覚悟することだな」

ラティ(釘宮理恵) [アイム]
「私をドライブに誘うなんて、あんたには100万年早いけど、特別に付き合ってあげるわ」

なぜ釘宮理恵だけ本名ではなくラティってキャラ設定なのか。
他のメンバーは多少キャラ入っているが、自分の得意の芸風に添っていて、いわば各個人の声優というキャラで成り立っているとうな感じだが(とくに落合祐里香はゆりしーのまんまだし)、それだと釘宮理恵は、パーソナルでもツンデレということになってしまうのだが、実際の釘宮理恵はもっと演技の幅があるワケで、敢えてツンデレに特定したいがために一人だけキャラ設定を付けたものか・・・。

にしてもここでも釘宮なのね。


MAPLUSポータブルナビ2音声サンプル
http://maplus-navi.jp/products/maplus2/demo.html

MAPLUSポータブルナビ2
MAPLUSポータブルナビ2

2008年04月21日

まりたん集中ドリル かいへい3ねんせいよう

まりたん集中ドリル かいへい3ねんせいよう
まりたん集中ドリル かいへい3ねんせい

4月26日に発売される「まりたん集中ドリル かいへい3ねんせいよう」に付属するヒアリングCDがスゴいらしい。タイトル「ののしりCD」で、役に立たないファッキン英語を言いまくるというもの。しかも、これまでの徳永愛に加えて、今回は野中藍、川澄綾子、金田朋子、門脇舞以の4人が出演。そんなセリフ言いそうもないカワイイ声系の声優さんばかり集めているあたり、キャスティング担当わかっているなぁ。

You talk the talk. Do you walk the walk?
そんなにかまって欲しいなら態度で示しなさい。そうしたら犬くらいにはしてあげるわ。…そのニヤニヤ笑いをやめなさい、犬

You maggot are huffing and puffing the way your momma did the first time your old man put the meat to her!
苦しいかなぁ?苦しいのかなぁ?ママがパパのナニをはじめてくわえこんだみたいにハフハフしちゃってるなぁ~?キモイぞ!

思った以上にスゴい。
ほとんどセクハラだが、英語監修は元海兵隊員の女性の方とのことで、海兵隊ではこれは普通の会話だと説明されて納得したらしい。英語監修の方グッジョブ。


魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん 公式サイト
http://pixel-maritan.net/drill3.php

2008年04月17日

R*L Radio theater~8畳より愛を込めて

R*L Radio theater~8畳より愛を込めて
R*L Radio theater~8畳より愛を込めて~1

例の『R*L Radio theater~8畳より愛を込めて』のCDがAmazonで予約可能になってましたよ。
即予約ですな。

3月いっぱいで終了したラジオドラマ「R*L Radio theater~8畳より愛をこめて~」(、「A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~」内)のCD化で、オンエア分に加え、新作&未放送ディレクターズカットも収録されるとのこと。
発売日は4月25日。おっ、もう来週じゃないか。


R*L 橘3姉妹ブログ「8畳より愛をこめて」   http://roughlaugh.269g.net/

2008年04月15日

アットゲームズ新コンテンツ「こえペタ」

こえペタ

登録したまま完全放置していて、登録したことすら忘れていた「アットゲームズ」で「こえペタ」なるサービスが開始された。
アットゲームズ内のアバターである「セルフィ」やマイページに声を貼ることができるというもので、利用できる声が手に入る「声ガチャ」第一弾として、桜庭れみ(CV:釘宮理恵)、桜庭そら(CV:柿原徹也)の声ガチャ「あいさつ編」が公開された。
またしても釘宮である。
釘宮理恵は、企業が今最も注目する声優となっている感があるな。釘宮のギャラって今どのランクになるのだろうか?

こえペタ

公開されている「あいさつ編」は以下の2種。
 ■ 「はじめまして、よろしくお願いします。」
 ■ 「あ、あの遠慮とかなしでいいんだからね」

アットゲームズ  http://www.atgames.jp/atgames/top.html

2008年04月08日

小清水亜美が「笑っていいとも!」」に出演

テレフォンショッキングか、と思いきやコーナー出演らしい。まぁ、冷静に考えればそうだうな。
フジテレビ公式サイトの笑っていいとも!のページには、

▽「人生リサーチゲームスゴ★6」最強人気アニメ声優を徹底調査!アムロ&ハイジ、ルフィーが夢の競演!!ロンブー田村亮が登場!タモリ考案の恥検定

との記述がある。古谷徹や杉山佳寿子、田中真弓ら大御所出てくるとなると出番は少なめか?
いずれにしても家出てから情報を知ったオイラに録画する術はない。
ネットに動画流れるのを待つか…。


………早速Youtubeに上がっていた。
出演は、田中真弓、古谷徹、杉山佳寿子、古川登志夫、小清水亜美、草尾毅の6人。一般人に認知されている所謂国民的アニメ作品のキャラをやっていない小清水は完全にアイドル声優枠。一人一人有名キャラのセリフを披露していくのだが、当然ながら小清水のナージャは明らかに反応が悪い。小清水贔屓のオイラなどは、そんなんじゃないのにーと歯痒い思いで見ていたが、多くの小清水ファンも概ね同じ感想を持ったようで、この小清水の扱いに怒りを露にしている意見も見受けられた。
声優がまともに顔出し出演する貴重な番組であった「まんとら」も終了してしまったし、何とか声優顔出し番組を増やしてもらいたいものだ。「大胆MAP」での「顔が見たいアニメキャラベスト50」といった企画もあるが、これは特番みたいなものだからなぁ…。

2008年03月26日

ツンデレ百人一首

ツンデレ百人一首

『ツンデレカルタ』に続いて今度は『ツンデレ百人一首』が出るそうだ。
今回も当然釘宮理恵なワケだ。
「ツンデレ」で釘宮なら何でも売れると思ったら大間違・・・いや大正解。
結局みんな買っちゃうワケだ。

『ツンデレカルタ』の時にも書いたが、釘宮がツンデレばかりやらされることには疑問を持ちつつも、出されれば買ってしまう自分がいるわけで、まったく説得力がないな。


ツンデレ百人一首

関連:釘宮理恵のツンデレカルタが発売されるらしい

2008年03月11日

R*L Radio theater “カップ麺が出来上がるまで”編

声優グランプリwebでネットラジオがはじまった。タイトルは…
『R*L Radio theater~8畳より愛をこめて~“カップ麺が出来上がるまで”編』
1月に文化放送「A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~」枠内でショートドラマの放送が始まったが、こちらはトーク番組。「カップ麺が出来上がるまで」と言うとおり4分とかなり短めだが、何にせよおもしろい。
そして待望のCD発売!
これは間違いなく買いでしょう。

「R*L Radio theater~8畳より愛をこめて~1」 4/25発売 ¥2,500
「R*L Radio theater~8畳より愛をこめて~2」 5/30発売 ¥2,500


http://www.seigura.com/rl/index.html

2008年03月06日

菅野よう子+坂本真綾ふたたび!

菅野よう子+坂本真綾 『トライアングラー』

4月3日から放送が開始される新作テレビアニメ『マクロス FRONTIER』のオープニング曲で、菅野よう子と離れて久しい坂本真綾が再びタッグを組むらしい。

菅野よう子の下を離脱してから全く聞かなくなってしまった坂本真綾・・・。
菅野よう子の曲は勿論のことだが、殊に彼女のプロデュースする歌は大好物なので期待大。
曲名は『トライアングラー』(作詞:Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子)。
飛び出していった娘が里帰り。もうずっと家に居てくれ。


坂本真綾 『トライアングラー』 4月23日発売 税込1,050円

2008年01月22日

ぷち萌え・・・またしても釘宮理恵

ぷち萌え

『∞プチプチ ぷち萌え』4色セット


昨年9月にバンダイより発売され話題を呼んだ『∞プチプチ』だが、今度は「ぷち萌え」シリーズとして釘宮ボイス版が発売されるとのこと。種類は妹 , メイド、幼馴染み、ツンデレの4種。

まったく…釘宮にすれば何でも売れると思ってたら・・・・・大正解です。

今度のプチプチは、プチプチしないとおねだりしてくるということで、
 ・50回に1回、萌えキャラボイスが鳴る!(4ボイス)
 ・更に押さないでいるとおねだりしてくる?!(1ボイス)
と合計4ボイスが収録されているらしい。
商品イラストには、
 妹 「お兄ちゃん、大好き!」
 メイド 「ご主人さま、こまりますっ」
 幼馴染み 「もぅ、おきて!ずっと好きだったの」(←これおかしくね)
 ツンデレ 「だいっきらい寂しくないわょ」
といったセリフが描かれているが、何故かおねだりとは関係ないセリフばかり。

これって、プチプチしないでいるとボイスが鳴るということなので、つまり、プチプチを我慢しないとボイスが聞けない。『∞プチプチ』は、心置きなく何度もプチプチができるというコンセプトの商品だったハズだが、この商品は、プチプチをしてはいけないのだ。この商品は、押して鳴る「サウンドドロップ萌え2」とは違い、「待つ(おあずけ)」という要素を含んでいるところが最大の特徴だろう。なんてマゾな商品なんだ。

3月下旬~4月上旬の発売とのことで、楽天のいくつかのショップではすでに予約完売しているところもある。釘宮ファン必GETの商品。

2008年01月19日

R*L Radio theater ~8畳より愛をこめて~

R*L

「A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~」枠内で始まったラジオドラマ。
第1話「誕生日」

キャラ設定は以下の通り・・・
・うっかりものの局アナ・長女:橘ユリ(かかずゆみ)・・・文化部
・ちゃっかり者の新人声優・次女:橘ダリア(折笠富美子)・・・8歳年上、芸名は橘聖子
・しっかり者の女子校生・三女:橘アザミ(豊口めぐみ)

ちなみに3人の生年月日は、
かかず ゆみ:1973年6月18日生まれ、34歳
折笠富美子:1974年12月27日生まれ、33歳
豊口めぐみ:1978年1月2日生まれ、30歳

いや、これ面白い。
今回はかかずゆみは会話に入っていなかったが、折笠富美子と豊口めぐみのやりとりがウマくて実にイイ。毎週必聴だな!

2008年01月16日

R*L始動です!

株式会社アトミックモンキーのblog記事で知ったのだが、あの「R*L」が活動を再開したらしい。
今回は舞台ではなく、1月19日オンエアのラジオドラマでとのことだが、是非また舞台をやってもらいたいところ。

折笠富美子が所属するアトミックモンキー公式サイトのTopixには、以下の記事が掲載されていた。
-----------------------------
「R*L Radio theater ~8畳より愛をこめて~」
文化放送にて毎週土曜日21:00から放送中の「A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!~」枠内のコーナーにて2008年1月19日より放送開始!!
-----------------------------

サルの足跡 2008年01月16日

アトミックモンキー

2007年12月19日

真紅(沢城みゆき)の音声合成ロジェクト

Alice Project
キターッ!
『初音ミク』には食指の動かなかったオイラだが、こちらは激望。

その名も『Alice Project』。
これは『ローゼンメイデン』の真紅の音声を自由に音声合成できる公開実験サイトで、12月17日開始したのだそうだ。
『初音ミク』出た時に、歌じゃないだろっ、セリフ言わせられな、と思ったが、ついに実現の運び。しかもオイラの一等株である沢城みゆきと来たから、これは文句なし。最高のかたちでの実現となったわけだ。
Alice Project
オイラの一等株である沢城みゆきと来たから、これは文句なし。最高のかたちでの実現となったわけだ。
Alice Project
で、実際に登録された音声を聞いてみたが・・・
これが実にヒドい。
感情表現は無理だとは覚悟していたが、音声がブツブツと切れ切れになっているし、セリフの態を成していないじゃないか。聞くに堪えん。
沢城みゆきを汚さないで。

あんまりヒドいのでちょっと調べてみたところ…

この音声合成エンジンはまだ不完全なのだそうで、ユーザーが合成音声を修正した際のデータを集積することで、音声合成エンジンの精度向上に繋げる目論みらしい。修正データが数千も集積できれば、それを元にキャラクター(今回の場合は真紅)の音声を、修正不要で完璧に再現できるような音声合成エンジンを完成させることができるという算段らしい。
ユーザーに無料で遊ばせることで開発データを蓄積し、その暁には『初音ミク』のような商品を売り出すというのだろう。
かつてWEBサイト『人工知能研究所』で、ユーザーがそれと知らずに遊んだ100万の回答データを元に、20問の質問に答えることでユーザーの思ったモノを当てるおもちゃ『20q』が開発発売されたことを思い出した。

乗せられて遊んでもイイけれど、せめて作成した者にだけでも、作成データをDLできるようにして欲しいよなぁ…。

一応作ってみた。20~30分くらいかかったが、結構難しい。というのも、「ピッチ」「アクセント」「テンポ」の3項目と「仕切」「停止時間」の設定くらいしかイジれないので、細かい調整ができない上、音域の高低や音のつながりなどをどこをイジると反映されるかがイマイチわかりににくい。素人さんにもできるようにとの配慮で簡略化したのかも知れないが、返って難易度が上がってしまっているように思われる。

↓作った音声はこのシルエットからアクセスできるのだ。
ローゼンメイデン アリスプロジェクト


Alice Project  http://alice.biglobe.ne.jp/

2007年11月29日

山寺宏一とかないみかが離婚

なんとこの2人が離婚していたとは・・・。
平成6年結婚で、12年間の結婚生活だったそうだ。
淺川悠と森久保祥太郎の結婚報道は記憶に新しいが、人気声優でもなければ、基本的に声優の結婚・離婚話はなかなか伝わってこない現状。おめでたい結婚話ならばいざ知らず、離婚話ともなるとこれはほとんど噂レベルの情報しか流れてこない。今回のことも、山寺宏一がこれ程までに著名にならなければ、記事にすらなったかどうか。

随分前の話だが、『おはスタ』が始まった頃に、山寺宏一がかないみかとすれ違い生活を送っていることをネタ的に語っていたのを覚えている。かないみかは衆知のごとく飲兵衛だから夜遅い。で、山寺宏一は『おはスタ』があるので朝は滅法早い。とくれば、すれ違うのは当たり前。でも『アンパンマン』をはじめ、『かいけつゾロリ』や『攻殻機動隊SAC2』など共演することもあって現場で会っていたりするのかとも思ったりしていた。『ドンキーコング』では夫婦で恋人役なんていう、聞いているこっちが恥ずかしくなるような仕事もしていた。
にしても山寺宏一は働きすぎだろう。心底好きなんだろうね、仕事が。
本当かどうかわからないが、数年前から話し合いを重ねての円満離婚だという。オイラもそうだと思うし、そう信じたいところ。今後も『アンパンマン』では顔を合わせるだろうしね。
12年間の結婚生活で子供を設けなかったというのも、お互い仕事に専念したかったからなのかも知れないな。かないみかも山寺宏一に劣らず毎シーズン仕事切れないものな。
いずれにしても、2人とも大のお気に入り声優なので、今後もアニメの出演してくれれば文句はないのだ。

2007年11月26日

釘宮理恵のツンデレカルタが発売されるらしい

釘宮理恵のツンデレカルタ
ツンデレカルタ

先の『釘宮理恵のツンデレカーナビ』に続いて今度は『ツンデレカルタ』が発売されるとのこと。
カーナビはどうかと思ったが(必要ないし・・・)、今回のものは、普通に釘宮理恵のボイス集ととらえれば、十分商品価値はあると思う。

サンプルボイスを聞いたが、まあ、普通にイイね。
買うでしょう。これは。

発売予定日:2007年12月29日(土)
価格:2,100円

それにしても、釘宮理恵はここ最近とんとツンデレキャラが固定化しちゃっていてツマらないな。
釘宮理恵は流石に同じツンデレキャラでもちゃんと演じ分けてはいるが、それにしたってこう方向性の同じキャラばかり演じられては、ファンとしては勿体無くも物足りない思いがする。
声優に限らず、演者には「ハマり役」というものが存在するが、声優の醍醐味は、見た目の身体にとらわれずに様々なキャラクターを演じられることにあるとオイラは思っているので、お気に入りの声優には少年少女、色っぽい女性から老婆、さらには人間以外のキャラまでいろんな役をやってもらいたいものだ。
最近で言えば、かわいい少女役ばかりを演じてきた水樹奈々が、『DARKER THAN BLACK 黒の契約者』において霧原未咲という大人の女性を演じていたのが印象的だったが、声優には、特に中堅の領域に達した声優たちには、こうした自分の演技の幅を広げるような方向性を持ってもらいたいものだ。

ちなみに今期の釘宮理恵の演じたキャラでお気に入りなのは、『ぽてまよ』の春日乃ねね。
毒舌キャラで一見『ツンデレ』キャラのようだが、デレはないんだよな、このキャラ。

2007年08月27日

千葉紗子、誕生日のブログで結婚報告

the Simpsons

8/26で30歳を迎えた千葉紗子が自身のブログ『Happy Go Lucky』の8/27記事で結婚を発表した。

「30歳を迎えると同時に、ちばさぇこ、結婚いたしました!!」

あぁ~そうですか、結婚しましたか…。
ってか相手誰だよっ!
声優に疑似恋愛感情を抱くタイプではないのだが、ちょっと予想外の死角からダメージ受けたんで放心状態だわい。
1998年の『北へ。~White Illumination~』の春野琴梨役以来のお気に入り声優の一人だっただけに、どっちかと言うと娘に突然結婚の報告をされた親の気持ちといった方が近い気がする…この喪失感。

それにしても、同い年で誕生日が1日違いの浅野真澄が、奨学金500万円を完済したことを大々的に発表していた姿と、ブログでひっそり結婚を発表した千葉紗子の姿が対照的で感慨深かったな。

Happy Go Lucky  http://chibasaeko.net/

2007年07月21日

安眠促進CD「羊でおやすみシリーズ」田村ゆかり,斎藤千和出演

羊でおやすみシリーズ「ねないとプンプン」vol.6

羊でおやすみシリーズ「ねないとプンプン」vol.6
声優が「羊が1匹、羊が2匹…」と羊の数を順番に数える安眠促進CD「羊でおやすみシリーズ」の第6弾『寝ないとプンプン』に田村ゆかりと斎藤千和が出演するとのこと。
「羊でおやすみシリーズ」は、声優2人がペアとなり、1人目が1〜200匹を、2人目が201〜400匹までを語りかけるように数えるCDで、これまでのラインナップは、
 Vol.1 石田彰、保志総一朗 [4/27発売]
 Vol.2 諏訪部順一、大川透 [5/25発売]
 Vol.3 遊佐浩二、伊藤健太郎 [6/29発売]
 Vol.4 鳥海浩輔、鈴木千尋 [7/27発売]
 Vol.5 福山潤、岸尾だいすけ [8/24発売]
と月一ペースで発売している。田村ゆかりと斎藤千和が出演するはVol.6は9月28日に発売。今後のラインナップには、緑川光、置鮎龍太郎、宮野真守、谷山紀章、若本規夫の名も挙っているという。
男性声優にはまったく興味がないのでこれまでスルーしてきたが、田村ゆかりと斎藤千和とあっては買わずにはおられまい。もっとも超寝付きの良いオイラには全く必要のない代物だがね。っていうよりこれ聞いたら興奮して眠れんでしょう。逆効果だって。

2007年06月13日

アーツとアイムが協会退会!?

先の松田咲實元社長の逮捕を受けて、株式会社アーツビジョン及び株式会社アイムエンタープライズが、日本芸能マネージメント事業者協会の退会を申し出、協会では、今回の事件による業界への影響責任を考慮して退会を受理したとのこと。
ただし所属俳優については、責任はないとして、協会会員適用の出演ルール適用を暫定的に認めるそうだから、声優たちの活動には影響は少なそうだ。

声優グランプリのデータベースの単なる誤植だと思った堀江由衣のアーツ退社→フリーが事実だったという情報がネットに流れたばかりだし、この事件、早く沈静化してもらいたいものだな。
尤も堀江由衣は今年30歳の節目なので、今回の事件を受けての退社というわけでもないのかも知れないが…。

それにしても日本芸能マネージメント事業者協会の肩書きって「有限責任中間法人」なんだ。初めて知った…。「有限責任中間法人」ってのは営利・公益いずれにも属さない業界団体とのこと。

2007年06月08日

サウンドドロップ萌え2

サウンドドロップ萌え2

カプセルトイ『サウンドドロップ萌え2』の声は釘宮理恵らしいっ!?

これは絶対買いでしょう。前作である『サウンドロップ 萌え-moe-」』の声は成田紗矢香とのことで、こちらは聞き流してしまったが、第2弾の方は釘宮理恵と聞いて黙っていられるオイラではない。
早速購入すべく動くも、早くもカプセルトイのショップでは予約完売となっていたので、楽天の方で無事予約。これは楽しみだわい。

ちなみに収録されているセリフは以下のようなもの。

 ■ メイドキャラで「いってらっしゃいませ。ご主人様」
 ■ 妹キャラで「おにいちゃん、一緒に寝ていい?」
 ■ ツンデレキャラで「あ・・・あんたの事なんか何とも思ってないんだから!」
 ■ 委員長キャラで「ちょっと男子!」
 ■ 天然キャラで「ピョコピョコピョコ」「触らないでください~」
 ■ ねたみっ娘キャラで「許せない・・・絶対に!」
 ■ 魔女っ娘キャラで「おっきくなぁれ!」「ちっちゃくなぁれ!」
 ■ ナースキャラで「ちょっとガマンしててくださいね」

ヤバイです。限りなくヤバイです。

サウンドドロップ萌え2
■7月予約商品■バンダイ サウンドロップ 萌え2 全8種セット

2007年05月30日

アーツビジョン社長、声優志願少女に猥褻行為!

アーツビジョン及びアイムエンタープライズの松田咲實社長(58)が、昨年12月に面接試験を受けに来た声優志望の16歳少女を社長室に連れ込み、採用の約束をネタに猥褻行為をした疑いで先月4日に逮捕。病気のため釈放されて今月28日に書類送検。本人は容疑を認めているため、警視庁は余罪があるとみて捜査中とのこと。

余罪って何だよっ!
釘宮理恵と高橋美佳子と斎藤千和は触られていませんからっ!絶対っ!

【アーツビジョン】
堀江由衣、浅川悠、浅野真澄、水橋かおり、三石琴乃、天野由梨、桑谷夏子、佐久間紅美、たかはし智秋、鷹森淑乃、吉住梢、藤田咲…

【アイムエンタープライズ】
田村ゆかり、釘宮理恵、高橋美佳子、渡辺久美子 、中原麻衣、斎藤千和、植田佳奈、森永理科、山本麻里安…

【アーツビジョンを止めていった声優】
林原めぐみ、宮村優子、ゆかな、南央美、横山智佐、白鳥由里、小西寛子、根谷美智子、千葉千恵巳、中島沙樹、川村万梨阿、篠原恵美、落合祐里香、高木早苗、吉田小南美

日本ナレーション演技研究所とかもあるし…


アーツビジョン  http://www.artsvision.co.jp/
アイムエンタープライズ  http://www.imenterprise.jp/

2007年05月14日

堀江由衣がHEY!HEY!HEY!に出演。

堀江由衣がHEY!HEY!HEY!に出演

水樹奈々、平野綾に続き、堀江由衣がHEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPに出演した。
ちょっとそんな気がしていたのだが、案の定、例のあのお約束的掛け合いが全国ネットで披露されてしまった。

ファン「回って~!!」
これに応えて堀江回る
ファン「カワイイ~!!」
堀 江「みんなの方がカワイイよ♥」
ファン「ほっちゃんには敵わな~い!!」
堀 江「照れるな~」
ファン「そんなに照れるなよ~!!」
堀 江「私は?」
ファン「最高~」「ホアーッ!!」

噂には聞いていたが、普通に引くね。わざとそういう風にやってることも承知の上だが、やっぱりキツい。まだしも様になっていればマシなのだが、ダウンタウンの指摘通りかなりグダグダな感じで、見ていて気持ちのよいものではなかった。

堀江由衣もそういう部分をウリにしているのは事実だし、編集の意図もあろうが、自分を17歳だと言ってみたり、ファンとの奇妙なやり取りといったもののみが放映され、「堀江由衣とイタい人たち」的に取り扱われたことは、少なからずも一声優としての堀江由衣に一目置いている身としては、残念でならない。
声優ファンって結局こういう風に見られちゃうし、声優ファン自身もそういう風に見られることを肯定しちゃっているから厄介だな…。

2007年05月12日

菅野よう子のコンサートに坂本真綾がゲスト出演

菅野よう子

韓国のセゾン文化会館で6月20日に開催される菅野よう子のコンサートに、坂本真綾がゲスト出演するらしいという情報がネットに流れていた。

坂本真綾って、まだ菅野よう子と繋がっていたのか。ファンクラブ解約したのは早計だったかも…。

コンサートの内容は、

ラグナロク2のBGMを含め、カウボーイビバップ、天空のエスカフローネ、
GOST IN THE SHELLなどのオリジナルサウンドトラック

とのことで、坂本真綾の他に、origa、山根麻衣といった菅野よう子の曲を歌った歌手がゲスト出演するらしい。これは坂本真綾なしでも行きたいところだが、如何せん韓国では無理。
ラグナロク2とあれば韓国での公演も尤もだが、何故日本でもやらんのか。っていうかやってくれ。

2007年04月01日

R*L(ラフラフ) Reading party vol.1 Melody us Life~プレゼント~

R*L

待ちに待ったR*Lの舞台を見に行きました。
笑った。面白かった。楽しかった。あっという間の2時間でした。
自分のためにここに内容を記録しておきたい。

【朗読】童謡「春よ来い」の 〈着物〉
【朗読】自分の生まれた日の新聞記事
 ・・・・・・小刻みに震える新聞で緊張感が伝わってきた。
【芝居】ベテラン声優かかさずゆみ(かかず)、演技の下手な新人声優(折笠)、2人の心の声(豊口)
【寸劇】ストリートミュージシャン(折笠)
【朗読】オリジナル童話の朗読
【寸劇】ストリートミュージシャン(折笠・豊口)
【朗読+歌踊】ピンクレディーの歌詞朗読:かかず、歌踊:折笠・豊口
  ……「サウスポー」「モンスター」
【芝居】5年前に恋人を交通事故で亡くした傷心ののぞみ(豊口)、その死んだ恋人の幼馴染でカウンセラーを目指すひかり(折笠)、ひかりの勤める診療所の所長(かかず)
  ……かかずが最終兵器(サックス)を披露。チェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」の冒頭部分を演奏:観客に「ヘイ!」を求め、ドリフの長さんネタ
  ……かかず、折笠のコミカルな演技の横でシリアスなテンションを維持し続ける豊口はさぞや大変だったろう。
【寸劇】ストリートミュージシャンメンバー追加(ギター:折笠・ハーモニカ:豊口)
アンコール
【寸劇】ストリートミュージシャンメジャーデビュー3人ともヒゲをつけてアリス風(折笠・豊口・かかず)
【歌】オリジナル
【挨拶】

最初の緊張感はすぐに消え去り、3人が本当に楽しそうにやっているので、こちらも思わず楽しくなってしまうのだった。折笠・豊口の顔芸はなかなか見応えがあったわい。
次回は是非、折笠が「苺ましまろ」のキャラCDでやっていたラップなんかを披露して欲しいものだ。かなり難しいだろうが…。

2006年08月30日

トリビアでまた声優ネタ。

千葉繁

『北斗の拳の予告ナレーションは回を追うごとにテンションが上がる』という内容。
もちろん、これはアニオタにとっては有名な話なので何の驚きもないワケだが、こうして連続で予告ナレーションを聞くのは初めてなので、それは結構おもしろかった。
ここまでくると当然、千葉繁のインタビューを期待するのだが、残念ながらコメント紹介に留まった。同様のネタで神谷明は出てたのにな…。

2006年08月10日

鈴置洋孝死去

鈴置洋孝さんが肺癌により死去されたとのこと。享年56歳だそうです。
かなりショック。
この報を聞いた時、ブライトをはじめ、日向小次郎、ドラゴン紫龍、天津飯、九能帯刀、斎藤一など、走馬灯のように思い出が蘇った。
そしてもう一つ思い出したのは、鈴置洋孝プロデュースの『見果てぬ夢』。何年か前に『劇場中継』で放送していたもので、鈴置洋孝がガンと告知された主人公を演じていて、鶴ひろみや内海賢二、矢尾一樹、麻生美代子、藤田淑子、関俊彦、高島雅羅などそうそうたる顔ぶれで、主人公が死ぬまでを描いた劇だったが、病名も同じだし、不謹慎ながら良く出来た話だと思ってしまった。

見果てぬ夢

2006年07月22日

まんとらに小山茉美登場!

小山茉美

どうせ若い声優しか出ないとタカを括っていいたが、何と小山茉美が登場。
めちゃんこビックリしたゾ。
それにしても小山茉美って写真しか見たことなかったので、こんなにノリの良い人だとは全然知らなかった。ボケもツッコミも出来るのな。有野も与し易しとみたか、結構ツッコんでたしな。
アラレちゃんのオーディションの時の話や、当時のエピソードなど、貴重な話が聞けて 非情に興味にかかった。若手のアイドル声優なんかの数倍内容の濃い話だったと思う。
今回小山茉美は復刻版アルバム「ランコントル」の宣伝に来たということだが、宣伝がなくとも大御所声優をもっと出して欲しいな。


2006年06月18日

後藤邑子

後藤邑子

今週の『まんとら』に後藤邑子がゲスト出演(落としていたデータをようやく視聴)。
後藤邑子って実は結構好きだったりするのだけれど、写真くらいしか見たことはなく、役以外のパーソナリティは今までほとんど知らなかったのpでかなり興味津々だ。

番組では、
高校2年生の時に中国に一人旅をして、非常階段に閉じ込められて警備員に羽交い締めにされた話や、列車で知らない中国人とケンカして「死」と書いた紙を渡され、そのまま睨み合ったまま西安まで行ったというかなり暴れん坊列伝の他、テキーラをジョッキで飲む酒豪振りに、なんと収録にも酒を飲んで行くことを暴露。

後藤邑子おもしろスギ。
今日の放送で、オイラの中の後藤邑子株はかなり高騰したゾ。かわいく守ってあげたいタイプの女の子を演じることの多い彼女だが、本人とのギャップがかなりイイ感じだ。
これからの彼女に注目したい。

後藤邑子

2006年05月31日

『トリビア』でミラクル発生、大物声優多数出演!

『トリビア』に大物声優多数出演!

最近ますます面白くなくなるばかりの『トリビア』だったが、今日の『トリビア』には久方振りに興奮させられた。
『トリビアの種』のコーナーで、「声優をキャスティングするプロフェッショナルが考える、工事現場の看板に合う声は○○」という内容で、音響監督たちが、いろんな声優をオーディション形式で選ぶというもの。驚いたのはこのオーディションに参加したメンバーだ。

野沢雅子、井上和彦、古川登志夫、田中真弓、茶風林、緒方賢一、草尾毅、松野太紀、屋良有作、加藤治、結城比呂、玄田哲章、堀内賢雄(出演順)

ちょっと豪華すぎだろ、コレ。

さらにカットされたと思われる方々に、若本紀夫、檜山修之、小杉十郎太、関智一、三木眞一郎、成田剣、島田敏…などの面々(未確認)。この面子をカットしちゃう贅沢さなのか、カットしちゃう勇気なのか…

『トリビア』に大物声優多数出演!

最終的に選ばれたのは堀内賢雄だったが、工事現場の看板のキャラを演じるという指示ではなく、キャラ指定だったので、声優の技量の問題ではないと思う。桜木花道指定の草尾毅なんか、ちょっと笑っちゃっていたものな…。

そういえば、何回か前から、『トリビア』では副音声で大物声優の出演を始めたが、プロデューサーに声優好きがいるのかも知れないな。
次は女性声優が大量に出演する企画を期待したいものだ。

2006年05月21日

『ワンピース』大谷育江チャッピー復活

大谷育江が『ワンピース』で早くも復帰を果たした。
現場復帰の情報がネットに流れたのは先日16日だったが、今日の『ワンピース』で大谷育江の声が聞けたということは、もっと以前に現場復帰を果たしていた計算になるな。
昨年休業が報じられてからずっと心配していたので、再び大谷育江の声が聞けた『ワンピース』は、ちょっと感動モノだった。

2006年05月16日

大谷育江が現場復帰!

昨日大谷育江の話題をアップしたばかりの今日、吉報が。
病気療養のために声優業を休業していた大谷育江が現場復帰されたとのこと。
昨年12月頃からだから約5ヶ月。『金色のガッシュベル』は終わってしまったが、『ワンピース』『ポケモンAG』『名探偵コナン』で、順次復帰した大谷育江の声を聞くことができることだろう。
何はともあれ、うれしいニュースであった。

2006年05月15日

大谷育江 in 愛ラブSMAP

大谷育江

これはビックリ!
You Tubeでいろいろ検索していたら、大谷育江のお宝映像が手に入った。
何と『愛ラブSMAP』のコーナーである『SMAP DUNK』に出演した時の映像だ。
草彅剛が『姫ちゃんのリボン』に出演していた関係で、『姫ちゃんのリボン』出演の主要声優である大谷育江、伊倉一寿、佐藤政道の3名がSMAPメンバーと3on3のバスケ対決をするというもの(大谷育江自身はバスケには参加していない様子)。『姫ちゃんのリボン』が1992〜1993年の放映作品であるから、おそらくその頃の映像なのだろう。SMAPもまだ6人いるし。こんな番組に大谷育江が出演していたとは全然知らなかったわい。ともかくすごい映像だ。

さらにもう一つ。大谷育江が『さんま御殿』に出演した時の映像まで入手した。これは比較的新しいものだが、今病気休養中の大谷育江の映像だけに感慨深いものがあるな。

2006年04月07日

小林由美子が結婚を自身のホームページで報告

小林由美子が結婚

小林由美子といえば、エクセルガールズ時代から知っていて、その後も男の子役が多かったし、その童顔もあってか、オイラの中では幼い、とまではyかなくともカワイイという印象があっただけに、結婚ということを聞くと、何だか意外というか、今更ながらに彼女も等身大の26歳の女性だったのだな、と気づかされたような気持ち。
いつまでもお幸せに…。

【小林由美子Profile】
1979年6月18日生まれ。千葉県八日市場市(現・匝瑳市)出身。和洋女子大学文学部国文科卒業。2002年3月、東京成徳大学日本伝統文化学科卒業。愛称はしゅびっち。
アニメージュ・日本ナレーション演技研究所主催の声優スクール出身。ミューラスに在籍し高橋美佳子とのユニットすぁるエクセルガールズを結成。
『シスター・プリンセス』で共演した桑谷夏子、望月久代、水樹奈々とともにPrits(プリッツ)というユニットを結成。

・小林エクセル(エクセルサーガ)
・年賀正月(宇宙海賊ミトの大冒険)
・衛(シスター・プリンセス)
・結城ケント(電脳冒険記ウェブダイバー)
・市村鉄之助(PEACE MAKER鐵)
・トビー(魔豆奇伝パンダリアン)
・東和馬(焼きたて!!ジャぱん)
・他

消えた田中理恵日記が復旧

不慮の事故で消えてしまった田中理恵日記が、閲覧者からのログ提供を受け一部を除いて復旧した。
微力ながらオイラもデータを提供させてもらった。
掲示板で管理人さんがデータの提供を訴えたわけではなく、閲覧者の側からデータ提供の気運が高まった感があり、その協力体制にちょっと心が温かくなった。
オイラもWebデザインの仕事をしていたことがあるので、管理人の苦労は少なからず理解できる。これからも管理人さんには頑張って欲しいなぁ。

2006年04月06日

滝口順平

今日から始まった『ヤッターマン』をモチーフにしたバラエティー番組『撮りッたがり決死隊 トッターマンDS』(テレビ東京18:30〜19:00)のオープニングに、ドクロベーもどきのキャラの声で滝口順平が出演。ヤッターマンの頃と変わらぬ声力に驚いた。ご存命かどうかも知らずにいたが、まだまだ元気そうだ。
しかも、同じ日の深夜に始まった『.hack//Roots』に、またしても滝口順平が出演していて二度驚いた。さらに驚いたことに、ゲストではなくレギュラーキャラっぽい。何だか思いがけない大御所声優の登場に、録音スタジオの収録風景などを想像してほくそ笑んでしまうのであった。

2006年01月31日

ゆりかもめの音声案内担当の声優が明らかに

ゆりかもめの音声案内担当の声優

だいぶ前から話題になっていた「ゆりかもめ」の音声案内の件だが、ようやく全員の担当がわかったようだ。

  浅野真澄  :新橋
  下野紘   :汐留
  たかはし智秋:竹芝
  落合祐里香 :日の出
  山本麻里安 :芝浦ふ頭
  鈴村健一  :お台場海浜公園
  森川智之  :台場
  高城元気  :船の科学館
  水橋かおり :テレコムセンター
  鳥海浩輔  :青海
  高橋美佳子 :国際展示場正門
  中原麻衣  :有明
  鈴木千尋  :有明テニスの森
  鈴木達央  :市場前
  桑谷夏子  :新豊洲
  保志総一朗 :豊洲

新橋、テレコムセンター、国際展示場正門、有明には絶対に行かねばならんな。

これは3月27日に豊洲駅まで延伸開業する東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」で、構内案内図、精算所、トイレ案内図 の3カ所に、駅ごとに1名、計16名の声優による音声案内を設置するとのことで、音声は数パターン収録されている他に、コミケを含め、沿線地域での大規模イベント時には、イベント用の音声も用意されているそうだ。

2006年01月13日

大谷育江、長期休養!?

あんですとーっ!
オイラのお気に入り声優の中でも古株、モンガーの頃から大好きなあの大谷育江が、体調不良により、現在担当している役を一時交代するとのこと。

 『ワンピース』チョッパー →伊倉一恵
 『金色のガッシュベル!!』ガッシュ →吉田小南美
 『ポケットモンスターAG』ピカチュウ →未定
 『名探偵コナン』円谷光彦→ 折笠愛
 『NARUTO』木の葉丸 →未定

ピカチュウは こおろぎさとみ じゃないのかな?
こうしてみると、『遙かなる時空の中で〜八葉抄〜』の藤姫役以降、最近女の子役レギュラーないな。
大谷育江の女の子声好きなのになぁ…。

かつて『美少女戦士セーラームーン』で三石琴乃が卵巣嚢腫で一時交代したことがあったが(7話分約2ヶ月)、良性だったためにまもなく復帰することが出来たし、昨年はかかずゆみが産休で…ってかかずゆみはラジオ休んだ程度か…。大谷育江は深刻な病気なのだろうか?
ともかく所属事務所(マウスプロモーション)が何の告知もしていないので、病状も何もわからん。

一時も早い復帰を願うばかりだ。

2006年01月03日

山崎バニラ

しずおか空港バニラ味

最近ちょくちょくNHKで山崎バニラを見かけるな。
31日も紅白の特番で出ていたし、何だかメジャー感が出てきたのかも。もちろん声優ではなく、活弁士として。ちょっと前から月曜深夜の映画解説でしか見られなかったのにな。あぁ、でも声優の仕事が減るのは残念かも。

それで今度はオイラの故郷のテレビ静岡で、『しずおか空港バニラ味』っていう5分間番組をやるらしい。
でもバニラさん、オイラもその一人なのだけれど、静岡空港って、県民に猛反対受けているの知っているのかなぁ。
必要性がまったくなく、開港したら間違いなく赤字空港になると思われるのに、県議会が自身の見栄や利権がらみで強引に作っている空港で、国の税金も投入されているから、静岡のみの問題でもないという…

バニラさん、関わっちゃダメ〜っ!一刻も早く手を引いて!!

2005年11月10日

萌えボイス

自分が作成した文章を声優が読んでくれるサービスが登場した。

という、声優好きなら飛びつきたくなるようなサービスのようだが、この声優ってのが問題だ。
声優養成学校の生徒やら、自称声優のまったくのド素人さんでは食指が動きません。
登録声優から好きな声優を選択し、読んで欲しい文章を作成・送信後、入金すると、mp3ファイルとして依頼者の元に届けられるというシステムなのだとか。
価格は、基本料金1000円+一文字あたり3〜22円(声優によって価格が異なる)

パソコンの警告音や、目覚ましボイスなどシステムサウンドでの利用が望まれるが、基本料金が高めなので、「警告します」や「ゴミ箱を空にしました」などの短い文章だと、ちょっと損な感じ。
しかし、長い文章を読ませようっていうと、趣味で小説書いている人が自作の文章を読ませたい、だとか、マンガのセリフを読ませるだとかって利用方法か、あるいは何か自作の映像作品のセリフを作るといった利用方法ぐらいしか思いつかないが、いずれもオイラには興味のないところ…。

何と言ってもプロの声優とは違い、演技力に問題があるだろう(プロでも下手な人はいるが…)。
一言程度なら良いが、長い文章を読むことができるかは、短いサンプルボイスを聞いただけでは判断がつかない。
『テックウィン』誌(980円)の付録についてくる有名声優のボイスデータ集の方が余程に経済的かつ魅力的なように思われる。


萌えボイス http://www.moe-v.net/

2005年10月23日

坂本真綾FC限定ミニライブ

夕凪LOOP

行ってまいりました。

正直不安だった。菅野よう子離れを表明して以来、言いようのない不安を抱え続けていたものな。
坂本真綾の曲は、割合に聞いているうちに良くなってくるものも多いので、初聴きの時にはピンとこないこともある。特にオイラはCDで聴いていて好きになった曲をライブで聴きに行くというスタンスなので、今回のように初お披露目的なライブは向いていなかったのかも知れない。
今回のライブ、オイラは今後も坂本真綾のファンでいられるのかの判断をしに来たので、そういう心理状態の影響もあったのだろう。菅野よう子がステージにいない寂しさもあったしなぁ。
それにしたっても、ライブ中のオイラは盛り上がりに欠けていた。それは坂本真綾の顔が確認できない程ステージからかなり遠いところにいたこともあったとは思う。
初めのループに少し反応したくらいで、その後はずっと傍聴という感じだった。
菅野よう子とはもう組まないのかなぁ、そんなことばかり考えていた。集中力に欠いていた。

だが、最後の曲が終わり、そんな状況を覆す自体が起こった。
アンコールで歌った曲目がなんと「約束 」「プラチナ」「ポケットを空にして」 。

急激に頭に血が昇り、毛が逆立つのを感じた。
「うぉ〜!これだよ」と心の中で叫んだサ。アレンジは微妙な感じだったが、それでも懐かしい菅野曲が聴けただけでオイラは満足だ。アンコールが一番盛り上がったよ。
坂本真綾は「25歳になっても歌うよ〜!」とか言っていたが、それって、今後また、菅野よう子と組むこともあるってことなのか〜!、いや、お願いだから組んでくれよ真綾。と、これもやっぱり心の中で叫んだサ。
マジで、菅野よう子との復縁を心底願わずにはおられない。

【プログラム】時間にして 1時間20分程。

 ハニー・カム
 ループ

………MC(挨拶・何処よりも早く新曲を聴ける云々)………
 My Favorite Books
 月と走りながら
 NO FEAR

………MC()………
 冬ですか
 ハイタッチ

………MC(次で最後。アルバムは東京をリスペクトして云々)………
 夕凪LOOP

………アンコール………
 約束
 プラチナ

………MC(一緒に歌うと言えばやっぱりコレ)………
 ポケットを空にして

………MC()………
 a happy ending

2005年10月22日

千葉紗子、今後は声優業に専念。

良いことです。

「千葉紗子は、これまで続けてまいりました活動内容を改め、今後は声優活動のみに専念していくことになりました。」とファンクラブ会報で告知されたそうです。活動情報提供のみになってしまうので、ファンクラブも閉鎖っするのだとか。
イベントやライブに忙しくてアニメ出演が少ない声優が少なくない中で、実に良い心掛けです。声優さんの声優業以外の活動にはあまり食指が動かないオイラにとっては、願ってもないことだ。他の声優さんも見習って欲しいものですわい。

あっ、でもラジオは続けて欲しいな。声優さんのラジオ好きなんで。
ラジオは声優業に入るのかな? 一応声のお仕事だし。

2005年09月03日

坂本真綾のニューアルバムは脱・菅野よう子作品

え、ダメだって。
「ループ」だけかと思ったら(そうあって欲しいと願っていたのだが…)、どうも本格的に脱・菅野よう子化していく模様。菅野よう子が好きで坂本真綾の曲を聴くようになったオイラとしては、これは非常に深刻な事態だ。はたしてオイラは今後も坂本真綾を聴き続けられるのか、言い知れぬ不安に襲われる…。

10月26日発売予定のアルバムタイトルは『夕凪LOOP』

・「ループ」 作詞:h's、作編曲:h-wonder
・「ハニー・カム」 作詞:浜崎貴司、作編曲:h-wonder
・「若葉」 作詞:坂本真綾、作曲:周水、編曲:中西亮輔
・「ハロー」 作詞:坂本真綾、作曲:Shusui/Robin Fredrikson/Ola Larsson/Fredrik Hult、編曲:中西亮輔
・「My Favorite Books」 作詞:h's、作編曲:吉俣良
・「月と走りながら」 作詞:浜崎貴司、作編曲:浜崎貴司
・「冬ですか」 作詞:坂本真綾、作曲:h-wonder

他、全11曲収録予定
通常版と、CD-ROM付属の初回限定盤が発売されるとのこと。

2005年07月23日

井上喜久子 声優生活17周年記念イベント

井上喜久子17歳、おいおいっ、が、声優17周年の記念イベント『Happy☆Seventeen』を日本青年館で開催したとんこと。17歳で17年…(笑)。
そう言えば、この前も『奥さまは魔法少女』のコスプレしていたなぁ。このアニメ、お姉ちゃんのキャラまんまなんだよな。十分若いよ、お姉ちゃんは。
実年齢が二回り違っちゃっても、お姉ちゃんには「井上喜久子17歳」と言い続けて欲しいものだ。

2005年06月06日

『明日をつかめ・平成若者仕事図鑑』声優特集

鹿野優以

出演は、声優2年目という鹿野優以……すまん。知らんかった。

1983年12月22日生まれ
アミューズメントメディア総合学院卒
青二プロダクション所属

まだアニメでは役名なし専門なようだ(『ピーチガール』21話で女子AFK)。
PCソフト『卒業NextGraduation』で加藤結夏役を演じているそうだが、そっち系はオイラ詳しくないです。
番組は恒例の苦労話系でまとめられており、他の声優はほとんど出てこなかったわい。
(『ピーチガール』の収録現場ということで、千葉紗子を期待したが、同じ青二の金月真美くらいしか出てこなかった。千葉紗子はスペースクラフト所属だからおそらくカットされたのだろう)
こういうのを見ると、専門学校出身者が多数を占める新人声優たちを差し置いて、まったくのド素人で主役を勝ち取っちゃう斎藤圭のような存在は許せんのだろうなぁ、と思ってしまったりします。

あと、青二プロダクションでは、所属2年までは契約制でジュニアと呼び、3年目以降は期待のできない人はキラれちゃうんだとか…。これは初めて知ったな。そうかぁ、それで2年くらいで新人消えてくんだなぁ…。

鹿野優以の成長中!!  http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=yuiyum

2005年06月02日

高山みなみが『名探偵コナン』の原作者の結婚

名探偵コナン

高山みなみが、コナン役を演じる『名探偵コナン』の原作者である青山剛昌と5月5日に入籍していいたとの報道があった。(5月5日って高山みなみの誕生日だよねぇ)

『名探偵コナン』は1996年1月8日から放送が始まっているが、その前の『剣勇伝説YAIBA』でも高山みなみは主人公の鉄刃を演じている。『剣勇伝説YAIBA』の放送はは1993年4月9日から翌1994年4月1日まで。
普通のアニメでは原作者と出演声優が会うことは滅多になく、会ったとしても話題作の制作発表会や打ち上げなどで顔を会わせる程度だそうだ。近頃では、アニメ化をきっかけに声優との交際を夢見る漫画家や小説家も多いと聞くが、赤松健や大地丙太郎、あかほりさとるなどの例外はあれど、そうそう声優さんと会うことは、ましてやおつき合いなどはできないのだそうだ。
(そういえば、以前に赤松健・堀江由衣結婚説がネットに流布したことがあったな…)
しかし、『名探偵コナン』のような長寿番組ともなると、各種イベントの他、制作スタッフ・キャストの親睦会や慰安旅行などもあるそうで、今回のようなことにもなるのだろう。
報道によると、交際は昨年からという。

高山みなみは1964年5月5日生まれで、青山剛昌は1963年6月21日生まれ。同い年(41歳)かぁ。そりゃあ話もハズむでしょう。おめでとさん。

2005年05月30日

カップラーメンキムチで林原めぐみが…

カップラーメンキムチ

「見つめられちゃうと真っ赤になっちゃ〜う」という声が印象的なCMですが、林原めぐみだそうです。
もはやラジオパーソナリティとなってしまっている感のある林原めぐみですが(ラジオ聞いてないです)、やっぱり声を聞くとイイですな。一児の母となった今では、かつてのような過重声優業はこなせないだろうが、『ポケモン』にしか出ていないというのは何とも寂しいところ。
ギャラめっちゃ高いだろうし、使いづらいだろうとは思うが、ファンとしてはもうちょっとアニメで林原めぐみの声が聞きたいところだな…。

2005年05月24日

ギャラ泥棒

『まんとら』で水樹奈々が、一番印象深かった役は『シスタープリンセス』で、一言二言しかしゃべらないそのキャラのために、当時『ギャラ泥棒』と呼ばれていたと話していたが、『極上生徒会』の川上とも子が今まさにその『ギャラ泥棒』状態だ。彼女はここでシンディ真鍋役を演じているが、「roger」「Sorry」「Me to」と本当に一言ぽつりと発声するのみである(ぷっちゃん装着時は饒舌になったが…)。
ランクでギャラの決まる声優界。ベテランの彼女はあれでもかなりのギャラが入るのだろう。贅沢な使い方をするなぁ…。

2005年05月21日

斉藤圭について。

何か最近良く目にします。
GONZOのCM出演に加え、『アニメ天国』にもレギュラー出演か?

『スピードグラファー』のヒロイン役に抜擢された新人だと聞いていたが、今月やけに彼女の姿を見る機会が多く、ちょっと気になったので調べてみた…

本名:斎藤圭
1984年9月10日生まれ。千葉県出身。A型。
六本木倶楽部Presents声優オーディションで 2,056人の中から選ばれ、天王洲神楽役でデビュー。
『スピードグラファー』のサイトでこのオーディションの情報を確認すると、最終選考に選ばれたのは以下の10名だが………

 ・仲井絵里香 2319票 (トリトリオフィス所属)
 ・池田沙耶香  769票 (タレント)
 ・藤田咲子   462票 (『Anime-TV』レポーター)
 ・宮崎羽衣  1698票 (ラムズ所属)
 ・小滝いづみ 1068票 (81プロデュース所属)
 ・樹元オリエ 2149票 (役者)
 ・齊藤智美   467票
 ・齊藤圭    187票
 ・井口裕香   242票 (G.G.F.)
 ・曽田光星  1514票

おもしろいことに斉藤圭、最下位です。それもダントツ。1位との差が2000以上もありますよ。素人は斎藤圭を含め3名だけのようだが、それにしても最下位とは…。たしかに写真を見るとヤンキーっぽいしオタク受けしなさそうだけどな。

斉藤圭

2005年05月08日

千葉紗子、髪を切る!?

千葉紗子、髪を切る!?

うわっ!これまたバッサリいったねぇ。
何かあったのか千葉紗子…。
千葉紗子と言えば、長くて黒い髪がトレードマークのようなものだっただけに、驚きは隠せない。
でもカワイイからいっか。

2005年03月18日

『まさや&かおりのらぶ×2エモーション』終了

3月いっぱいで終了とのこと……かなりショックです。
『ラブえも』好きだったのになぁ…。アニメ系ネットラジオの中でもトップクラスのおバカ番組で、ラジオなのに超視覚的な企画(悪ふざけ)ばかりで、小野坂昌也の下ネタ・セクハラ発言に、それでいいのか清水香里なラジオ。ここはカタいと思っていただけに、落胆が大きい。

バンジージャンプ、富士山登頂、人間射的、ハリセン、鰻つかみ、チキンナゲットの大食い……あぁどう考えてもラジオ的じゃない思い出が走馬灯のように…。

2005年01月28日

能登麻美子

何だか大人気の能登麻美子を、オイラはどうも気に入らない。何故かっていうと、良い子ちゃんの役ばかりやってるから。彼女が演じるのは、決まって男が守ってあげたいと思うような、か弱くて性格の良い、申し分のない良い子ちゃんキャラばかり。
それだけならば別にどうということもないだが、アニオタ界で能登麻美子がものすごい人気があることで、どうもこれに乗る気になれないでいるのだ。かと言って大沢事務所の苛烈な仕事取りで、どこをみても能登麻美子の声が聞こえてくる状況でもあったので、無視することもできない有様だった。
だが今期の『ああっ女神さまっ』では、三嶋沙夜子役という、これまでの路線と違う役に挑んでいて好印象だ。熱烈な能登ファンの中には、これを不服とする旨もあるようだが、オイラとしては能登麻美子には、この調子でどんどん役の幅を広げてもらいたいと思う。
能登麻美子は声質がか細い感じなので、あんまり激しい性格の役は向いてないかも知れないが…。

2004年12月24日

クリスマスプレゼント

『IDS!TV』良かったです(わかる人だけわかってくれ)。

IDS!TV

2004年12月05日

『'99.5.2デ・ジ・キャラット声優オーディション』

『'99.5.2デ・ジ・キャラット声優オーディション』

BOOK-OFFで『'99.5.2デ・ジ・キャラット声優オーディションーin 六本木ヴェルファーレー』のビデオを手に入れた。これまで声優のビデオなんか買ったことはなかったのだが、350 円と安かったのと、沢城みゆきが見たかったので、ついね。沢城みゆき、13歳だってよ。ヤバイって…。
司会に氷上恭子とドン・マッコウ出とるし、参加者を見ると、

 1.小沢美奈子 2.角田みちる 3.北川あかね
 4.雲みふね 5.たがみかおり 6.青木ナナ
 7.前愛 8.中島沙樹 9.倖月美和
 10.有沢真乃 11.浅野真澄 12.真田アサミ
 13.稲端江梨子 14.水野愛日 15.沢城みゆき

何と浅野真澄や中島沙樹が混じっとるじゃないかっ!
あと水野愛日、田上香織、倖月美和なんかもいるな。
浅野真澄は現在のキャラを知っているだけに大爆笑。これ見れただけでも買った甲斐があったな。
オーディションは演技では浅野真澄と沢城みゆきが良いように思われたが、歌は真田アサミが良い感じだったかな。
結果は周知のごとく優勝が真田アサミで沢城みゆきは審査員特別賞。ますみんは優秀賞にさえ選ばれず。
う〜んそれにしても沢城みゆき、かわいいぞ。

2004年11月27日

1と2の声優を考えてみる…

【ToHeart】
 ・川澄綾子 (神岸あかり)
 ・堀江由衣 (マルチ)
 ・樋口智恵子 (長岡志保)
 ・久川綾 (保科智子)
 ・飯塚雅弓 (松原葵)
 ・氷上恭子 (姫川琴音)
 ・岩男潤子 (来須川綾香・芹香)
 ・笠原留美 (宮内レミィ)
 ・根谷美智子 (セリオ)
 ・大谷育江 (雛山理緒)

【ToHeart2】
 ・落合祐里香 (柚腹このみ)
 ・伊藤静 (向坂環)
 ・中島沙樹 (笹森花梨)
 ・石塚さより (姫百合珊瑚)
 ・吉田小南美 (姫百合瑠璃)
 ・生天目仁美 (十和由真)
 ・夏樹リオ (ルーシー・マリア・ミソラ)
 ・力丸乃りこ (小牧愛佳)

--------------------------------------
【北へ。】
 ・千葉紗子 (春野琴梨)
 ・坂本真綾 (ターニャ・リピンスキー)
 ・豊口めぐみ (里中梢)
 ・川澄綾子 (左京葉野香)
 ・大谷育江 (愛田めぐみ)
 ・南央美 (桜町由子)
 ・榊原良子 (椎名薫)
 ・広橋佳似 (川原鮎)

【北へ。~Diamond Dust+ Kiss is Beginning.~】
 ・石原絵里子 (茜木温子)
 ・渡辺明乃 (原田明理)
 ・高梁碧 (白石果鈴)
 ・能登麻美子 (朝比奈京子)
 ・天瀬まゆ (北野スオミ)
 ・高乃麗 (催馬楽笙子)
 ・皆川純子 (まふゆ)


2作目は何ともなしにグレードが下がっているような感じがするのですが、気のせい?
絵的にも前作を超える程のパワーを感じないし。これって前作の人気頼みの企画というだけあって、制作のテンションが低いためか、それとも1作目があまりにもスゴすぎたものか…。ちなみにオイラは出演声優が気になっているだけで、やったことがあるのは「北へ。」の1作目のみ。だってこのメンバー神懸っているでしょう。

2004年11月14日

春菜王国閉鎖

「春菜王国を閉鎖することになりました
王国だから……閉国? 亡命?」

あらら、残念。
そこいらの立ち上げてはみたものの更新さっぱりさんとは違って、池澤春菜嬢はけっこう更新頻度高いし、本人も楽しんで更新していたように思われたのだがなぁ。何があったのかいと、掲示板を覗いて見ると、何でも「スタジオの中にいると、エコノミークラス症候群にならないかな」という日記での記述が、新潟中越地震でエコノミークラス症候群のために死亡というニュースから間もなくとのことで、不適切ではないかとの指摘があったとのことで、「事務所と話し合った結果終わらせるのが一番だろうということになりました」と。
「すみませんでした。」とお詫びコメントで済む話のようにも思われるのだが、たったそれだけのことで閉鎖とは…。ヒドいと言うべきか、残念と言うべきか、何か釈然としない。それほど頻繁に見たりしていたわけではないけれど、閉鎖となると何だかちょっと悲し気だ。

2004年11月10日

丹下桜、声優復帰?

ビデオに録っておいた『ドラえもん・のび太と銀河超特急特別版』を見たら、何と丹下桜が出とるじゃありませんか。全然知らんかった。
絶大な人気を誇る中、2000年3月に突然の声優業引退。あれから4年以上を経て声優業に復帰か。
辞めた理由もわからなきゃ、復帰の理由もわかりゃせんが、来る者は拒まず。
宮村優子も久々に『舞-HIME』で声優やるし、復帰大いに歓迎だ。あとは小西寛子だな…。

2004年10月08日

『舞-HIME』キャスト陣

『舞-HIME』の声優の豪華さはスゴいね。キャスティング担当者、良いとこ押さえているなぁ。宮村優子は久々に登場だな。もう『名探偵コナン』以外やらないかと思っていたぞ。この調子で声優業に本格復帰して欲しいところだ。

■鴇羽舞衣     :中原麻衣
■玖我なつき    :千葉紗子
■美袋命      :清水愛
■宗像詩帆     :野川さくら
■藤乃静留     :進藤尚美
■珠洲城遥     :柚木涼香
■菊川雪之     :能登麻美子
■杉浦碧      :田村ゆかり
■風花真白     :ゆかな
■結城奈緒     :南里侑香
■尾久崎晶     :小林沙苗
■瀬能あおい    :新谷良子
■原田千絵     :斎賀みつき
■日暮あかね    :岩男潤子
■アリッサ・シアーズ:宮村優子
■深優・グリーア  :浅井清己
■真田紫子     :井上喜久子
■鷺沢陽子     :木村亜希子

2004年07月05日

声優の特需

今期のアニメ新番組は、かなり川澄綾子が目立つ。

   ■『サムライチャンプルー』   風 (主役)
   ■『KURAU Phantom Memory』   クラウ (主役)
   ■『GIRLSブラボー』   ミハル (主役)
   ■『げんしけん』   大野加奈子 (メイン)
   ■『ニニンがシノブ伝』   楓 (メイン)

ちょっと前に、能登麻美子がやたら出ていた時期があったが、脇役多かったからな。川澄綾子の場合は全部主役かメイン。この仕事量はちょいとスゴい。そういやぁ川澄綾子も能登麻美子も大沢事務所だったな。この事務所の方針なのか。

2004年06月03日

『ミニミニミクロ電子幼稚園』

金田朋子先生の復活デス。荒鷲とはまた異なる芸風のバカっぷりが懐かしかった。この子は成長しないな。イイです。荒鷲のボケは笑えない(っていうか引く)ことも多いからな…。

金田朋子のミニミニミクロ電子幼稚園

2004年03月30日

ケロロは渡辺久美子であります。

渡辺久美子のHPのひとりごと。

------------------------------------------------------------
グフ?ギャン?ドム?ゲルググ?アッザム・・・???
専用が3倍・・・・・?????
マジでファーストガンダム観ないとダメだと悟った夜。
教えて偉い人。
------------------------------------------------------------

ダメじゃん。
それでは、ガンプラ命のケロロを演じられんゾ。
見ろ!すぐ見ろ!今見ろ!!

2004年03月24日

『わかる算数4年生』

深夜3時近くに、連続で放送していたのを発見。何と豊口めぐみが顔出ししてますよ。にしてもエラいかっこさせられとるな。まぁ、『おはスタ』の時よりマシか。しかし、どうでも良いが、この深夜に大量に放送してる子供向け教養番組は何だ? 小年生はこの時間起きてないと思うぞ。オタク向けの放送なのか?

豊口めぐみ

2004年03月20日

『エンジェルクリニック2』

今月で終わっちゃうとのこと…おいおい1クールかよ。まだ、どんなコーナーにしようかってな話をしてたトコなのに、どうしたことだ。内容から察するに2人は本当に知らなかったのだろうが、これは元々4月で終了予定だったのを、中島沙樹が事務所移動で急遽降板になったんで、斉藤千和を抜擢してエンクリ2として続行、3ヶ月間で事態が好転すれば、次クールもって話もあったが叶わず…、といったトコロか。
ただ…無念だ(財前風に)。

2004年03月11日

千葉紗子がいたのか!

千葉紗子のHP見たら『坂本真綾ちゃんのライブにいってきましたっ!! 』って日記に…。
いたのかよっ!!
あ〜もうなんか得したような損したような…。ふっくざっつだぁ〜!
いや、違うんだ真綾…何がだ(爆)

2004年03月10日

坂本真綾ライブ『タナボタ3ニコパチなど』

ほぼ真ン中前から4人目くらいの好位置を確保して、しかも前列背低かったんで、頭ひとつ出ている感じ。真綾の足下まで見えてるし、首筋の小さなほくろまではっきり見える距離ですよ。
タイトルからニコパチの曲や新しい曲が中心なのかと思いきや、昔馴染みの曲も多く歌ってくれて大感激でした。何より『ポケットを空にして』は嬉しかった。この曲シングルトップにさえなっていないアルバム収録曲なんだけど、オイラの中で3本の指に数えられる大のお気に入り曲。

・しっぽのうた(幕前放送)
・シマシマ        [ニコパチ]
・Gift           [ハチポチ]
・ボクらの歴史      [ハチポチ]
・doreddo 39       [Easy Listening]
MC
・I and I          [グレープフルーツ]
・ポケットを空にして   [グレープフルーツ]
・オレンジ色とゆびきり  [グレープフルーツ]
MC
・blind summer fish    [Easy Listening]
・月曜の朝        [DIVE]
・真昼が雪        [少年アリス]
MC
・ダニエル        [ニコパチ]
・ヘミソフィア      [ニコパチ]
・gravity         [ニコパチ]
・03           [少年アリス]
MC
・Cloud9         [Wolf's Rain O.S.T2]
・birds          [Easy Listening]
・true the rainbow    [ニコパチ]
[アンコール]
・スクラップ〜解れの詩〜 [少年アリス]
・夜           [少年アリス]
MC
・まきばアリス!     [少年アリス]
・光あれ         [少年アリス]
・うちゅうひこうしのうた [少年アリス]

リストにしてみると、少年アリスの曲が一番多いのな。ハチポチの曲が少ないのは残念。今までライブでやったことのない曲を、ということでの選曲というから仕方ないか。
元々 『gravity』と『うちゅうひこうしのうた』を生で聴きたいというのが最大の目的であったので、諦めかけたラストの曲がこの曲だったのは、出来過ぎたシナリオでした。

マシュマロ通信2

2004年03月08日

坂本真綾ライブ

近づいて来ました。あと2日ですよ。うぉ、今からもう何だか落ち着かない感じデス。ライブで聴きたい曲。
まず本命『gravity』『うちゅうひこうしのうた』
ハチポチの曲だったら全部良いな。あと好きな曲
『しっぽのうた』『みどりのはね』『ポケットを空にして』『空気と星』『マメシバ』『夜明けのオクターブ』『青い瞳』『孤独』……。
しかし、タイトルが『タナボタ3 ニコパチなど』だからな。やはりニコパチ中心の選曲なのかなぁ。ワクワク。

2004年02月17日

宮村優子結婚!?

あれ? 結婚してませんでしたっけ? 渋チュの頃は確か結婚してたはず。むしろ離婚していたことに驚きましたわい。声優業やらない宮村優子には正直興味薄いんですけど…。

2003年12月30日

ハニーペッパー最終回

佐久間紅美の『ちびくま印の ハニー ペッパー』が最終回。ラストとあって特別にWindowsMediaVideo形式の配信なのだが、いかんせん画質が悪い。顔が判別できない上に音も悪い。生放送のストリーミングの時のものをそのまま流しているのか?ファンはこんなんでもうれしいんだろうかなぁ。

2003年12月10日

少年アリス

遂に発売されました。 まだ、1回聴いただけなんだけど、今のところ『Kingfisher Girl 』が一番好き。菅野よう子の曲って、何度も聴いているうちに良くなってくるから、あんまし初印象ってアテにならんのやけどもね。

少年アリス

んでもって、DVD。

03+

正直良くわかりませんなぁ。ちょっとストレートすぎて、もう少しひねりとか、遠回しな表現とかが欲しいところデス。真綾は随分汚いことを強いられていて、「あぁ、そんな汚い水に浸かっちゃっダメ」とか、「そんな水飲んじゃバッチいよ」とか思っちゃいました。白い粉まみれになった挙げ句、射殺されてしまうとは…。イジメですな、これは。

2003年12月01日

坂本真綾ファンクラブ

できるそうデス。ファンクラブなんてキャラでないんで、今まで未経験なんですが、ちょっと入りたい気も…。ライブの優待ってのは良いが、何か大切なものを失いそうで、悩むトコロだ。

2003年11月30日

坂本真綾2

『末っ子長男姉三人』にゲスト出演の2回目。なんかとってもしょっぱい感じで走り去る真綾を、とてもしょっぱい感じで見送りました。

2003年11月28日

天野由梨

昨日の『ポケットモンスターAG』に懐かしい声が…。引退したハズの天野由梨が復活…ってことは清音も復活か。

2003年11月26日

新谷真弓

実写版『キューティーハ二ー』に悪役として出演するそうデス。 パンサークロー四天王の一人で役名は スカーレット・クロー 。説明文には「頭脳派で悪知恵は働くがいたって気が弱い」とあるが、このアミダラ風の強面メイクであのオモチャ声って、ちょっと良いかも…。

新谷真弓

2003年11月23日

坂本真綾

『末っ子長男姉三人』にゲスト出演。歌以外ではさほど興味のない真綾だが、携帯の声だけですぐに彼女だとわかるあたり、さすがオイラだな。ってめっちゃ楽しみにしてたんじゃん。この転回だと来週も出るようだゾ。
ところで確かに前々から坂本真綾は深津絵里似だとは思っていたのだが、そう思っていたのはオイラだけじゃなかったのね。髪型まで似せちゃって…。

坂本真綾と深津絵里

2003年10月25日

池澤春菜

土曜スタジオパークに出てました。なんかね。妙に場慣れした感じが鼻について、ちょっとイヤ。

2003年07月30日

坂本真綾『ニコパチ』発売

早速買ってきましたわい。

ニコパチ

ほとんどの曲が日常聴いている曲なんで新鮮さはないが、微妙にアレンジ変わっていたりしてたし、何より何度聴いても良い曲ばかりなんで、全然イイです。今回の主役は限定生産版のみに付いてるDVDの方だしね。『マメシバ』のプロモ…この頃がいちばん可愛かったなぁ…真綾。

2003年07月24日

林原めぐみ in サクサク

一週間…じゃないや5日間早かったな。今までそんな気になるゲストいなかったんで、流して見てたから気づかなかったが、サクサク(saku saku)ってゲストコーナーえらい短かったんやね。林原めぐみほとんど喋ってなかったやん。次回出演時には、何か企画モノでもやって欲しいものだ。

2003年07月23日

小西寛子のおじゃる丸

NHK教育で『おじゃる丸』第1期の再放送やってました。まだ小西寛子もおじゃる丸のキャラつかめてない頃で、逆に違和感感じるが、久しぶりに聞いた小西寛子の声はやっぱりイイねぇ。この甘ったるい声は他にはないんだよなぁ。惜しい声優を亡くしたものだ…。って何かいろいろNHKとモメてて放送しなかった第1期の再放送もはじまり、『ファンファンファーマシー』のDVD化と、これはもしかして小西寛子復活の兆しなのか?

なワケないか…。

2003年07月21日

出た〜!林原めぐ〜みッ in サクサク

いやぁ〜出ましたね。林原めぐみ。「顔を出さない商売ですから」とか「夢をこわしちゃうから」とかヌカしてくれましたが、あんた『徹子の部屋』にも出てたじゃねーか。何を今さら。むしろ、ちょくちょくTV出てるんで、顔出し声優という印象があったくらいだゾ。しかし何だかんだ言っても、『徹子の部屋』をはじめ、今日の『サクサク』もバッチリ録画してるオイラです。

2003年07月09日

野中藍

1日早く手に入れた『月刊ニュータイプ』におもしろい企画が…。『宇宙のステルヴィア』で片瀬志麻を演じる野中藍が、役名の由来となった小田急線「片瀬江ノ島」へ。このアニメに出てくるキャラ名って小田急線の駅名からとっているんで、前から気になってたんだよね。我が町田をはじめ、藤沢、小田原、風祭、栢山と見覚えのある名前があるのだが、町田初佳がどっと沈んでいるのを他人事とは思えません。XEBECさん、是非彼女の復活の場を与えて頂きたい。

あ、そう言やぁ、町田初佳役の豊口めぐみって町田出身だったな。もしかしてそれで配役されたのか?

2003年06月13日

ニコパチ

突然コスプレなんてして、坂本真綾はどうしてしまったのだろう?路線変更?開き直り?HPのニコパチページも隠しページなんかあったりして。もちろん全画像コンプしたけどね。1枚ヒドい写真あるけど、何でしょねぇ。トラックリスト見ると、持っていない曲は、『キミドリ』と『THE GARDEN OF EVERYTHING』の2曲だけ。DVDのPVでも見ながら秋発売のアルバムを待つとしましょう。

2003年05月01日

朴璐美

『学園戦記ムリョウ』の朴璐美はイイです。男役しかやっていなかったような声優が、ヒロイン役で女声なんかやると、通常の3倍色っぽいのはナンデダロウ。昨日の『ボンバーマン』ミスティ役やってる松本梨香なんかも、『ポケモン』のサトシをはじめ、男の子役が板についてる声優だが、葵双葉とか、映画の吹き替えなんかで色っぽい役やると、これまたすんごいエロ声に聞こえる。あと、竹内順子とかも。オイラは、『少年役でデビュー&ブレイクした声優は女役ではめっちゃ色っぽいの法則』ってのを事あるごとに公言しているのだが、どうでしょうか?

2003年03月13日

フランス語春菜嬢

来年のNHKフランス語会話の生徒役は池澤春菜嬢ですと。これは録画すべきか悩みドコだな。

2003年03月04日

セイラ逝く。

うわーん(泣)セイラさんが死んじゃったよぉ。香貫花・クランシーがぁ…。
って声優の井上瑤さんが、2月28日お亡くなりになったのだそうです。病死だとか…。慎んでお悔やみ申し上げます。

2003年02月22日

吉田理保子

って昔から好きなんですよ。最近では、キャスティングで名前を見るくらいで、とんとその声を聞くこともなくなったが、今日の『ターミネイター2』では久しぶりに彼女の声を聞くことができた。吉田理保子というと、神崎メグ、麻衣マチ子というよりモンスリーだよな。やっぱり。バカね。

2002年12月21日

林原めぐみ

が出るゆうんで『真剣10代しゃべり場』を初めて見てみました。何ともストレスの溜る番組だ。これが若さというものなのか、頭の悪い会話の連続に林原めぐみどころではなく、もうグッタリと参ってしまった。あうえう〜ってな感じでした。もう決して見ません。神に誓って。

2002年10月15日

前田愛

今秋放送予定のアニメ『キノの旅』で主役を前田愛がやるそうです。太刀川ミミの前田愛の方ではなくて、コメットさん☆の前田亜希の姉の方。妹の声優活動でツテがあったのか、姉も声優初挑戦。たしかに子役からの変革期で前田愛の位置はビミョ−だったが、声優をやると、ますます位置がビミョ−になる気もする。まぁこれで同姓同名の声優誕生なワケで、ミミ愛の方もそれほど活躍しているんでもないんで、これまたビミョ−。僕的には前田亜希に声優もっとやって欲しい。愛の方は…まぁ、がんばってヨ。

2002年08月22日

雨蘭咲木子

とTV Brosには記載されていたが、実際は戸田恵子が声を当てていてガッカリの木曜洋画劇場の『酔拳2』。たしかフジでやってた時には雨蘭やったんよ。雨蘭咲木子って個人的にかなりお気に入りなんだけど、アニメはあんましやんないんよね。洋画の吹き替えか、NHKの海外ドラマ(『サブリナ』)なんかもやってたな。本名は水野咲子で芸名の雨蘭は、『鉄腕アトム』でなくて「売らん」から来てるんだとか。だもんだから、あんまり出ないのかって、そういうワケではないんだろうけど、絶対この声はアニメ向きだと思うンで、是非アニメに出て欲しいところ。でもテアトル・エコーだからなぁ…。

2002年08月21日

新谷真弓

が出てる『携帯万能8』のCMを補完せんと、苦心していたが、SSI TRISTARのサイトでwmvを落とせることを発見。無事補完に成功。だが、解像度はやっぱりテレビの方が上なんで、あくまでテレビでの補完を目指すのだ。

2002年07月11日

犬山犬子

ニャース(小判猫)こと犬子。かつて馬だった彼女。『トリック』に続き『禁じられた遊び』で顔出し。内容も「カレーがやめられない」だし。小説家の時は完全にオバハンだったが、今回はワリとマトモ。もはや、お笑いバタケの人やけど、けっこうキレイな人やったんや。

2002年07月05日

『松岡由貴のいたちごっこ』

めっちゃよかったッス。あるみちゃんやあいこっちに大阪にねねちゃん、さらに金田朋子の真似で自己紹介したり(あ、マリーやってないゾ)、そのナチュラルで飾りっ気のないしゃべりに、ますます惚れちゃいましたワイ。『植田佳奈の四谷ジェンヌ』のページが、この新番組のページに上書きされて消えてしまったのはショックだったが、それを差し引いても余りある収穫だった。来週の金曜日まであと3回は聴くぞー!

2002年06月30日

四谷ジェンヌ千秋楽

僕はインターネットラジオというのを最近聞いている。ラジオに馴染みがなく、オールナイトニッポンさえ1度も聞いた事がない僕がハマッたのは、いつでも聞けることと、声優さんがやってる番組が多いから。植田佳奈の声が聞けなくなるのは寂しいかぎりだが、来週からはお気に入りの松岡由貴の番組が始るんでちょい複雑な気分なんスよ。

2002年06月24日

夫婦声優

今週の『だぁ!だぁ!だぁ!』は、みかんさんのお話。みかんが20年前の約束で好きだった男の子との再開ってな話だったんだけど、問題はこの男、声優がおはスタの山ちゃんこと山寺宏一、みかん役のかないみかの実の夫なのである。夫婦で愛を語る姿は見ているこっちが恥ずかしくなったが、これはなにも今回だけではないのだ。『ドンキーコング』なんか主役とヒロイン役で毎回ラブラブ状態だったし、『アンパンマン』や、他のいくつかの作品でも、何度か2人は声優という仕事の場においてイチャついているのを僕は目撃している。酒好きで夜女のかないみかに対し、朝の早い山寺宏一。仕事での共演は夫婦の貴重なコミュニケーション手段なのか?

2002年06月07日

折笠富美子

『ハム太郎』のゲスト稲鳥さくら役に続いてこちらは主役の『あたしンち』だが、やっぱりおもしろくないねえ。でも、この番組折笠の演技がおもしろいから、それだけでも見る価値がある。ここでの折笠かなりハジけてて、折笠好きの僕は結構楽しめるのだ。

2002年05月14日

荘真由美

『オコジヨさん』には、マンガ家役で荘真由美が出ている。かつての第2期声優ブームを支えた一人だったが、休業からの復帰後は、中堅声優としてオバサン役などの脇役が主な活躍の場で、可愛声を聞くことが出来なくなった。一生懸命情報を集めたりはしないので、よくわからないが、女性声優は、結婚とかいろいろな理由で一時期ぱったりと姿を消したりすることがあるようだ。宮村優子,丹下桜,小西寛子……第一線を退いたかつてのアイドル声優たち…。好きだっただけに残念でならん。

2002年05月06日

大谷育江まつり

『犬夜叉』に大谷育江&水谷優子のゲスト出演で『5つ子』コンビが復活。今日の『コナン』でも大谷育江の光彦が活躍したので、1時間続けて大谷育江の声が聞けて大満足の一日だった。特に『犬夜叉』での大谷育江は色っぽい声で弥勒を誘ったり、かごめのフリしての『おすわり』など、いろいろしてみせてくれた。日テレに感謝。