2008年06月23日

スパイダー テレビの録画検索機

今朝、小倉智昭がテレビで紹介していたので調べてみました。
何でも1週間分のすべてのテレビ番組を録画しておき、好きな時に見たい番組をワード検索して再生することができるのだそうな。
ということは24時間ずっとつけっぱなしか。電気代スゴイことになりそうだな…。

企業向けの「SPIDER PRO」と個人向けの「SPIDER zero」があるそうで、両者の違いは、「PRO」にのみ番組の内容を任意のキーワードで検索する機能と出張サポートがあり、「zero」にのみ番組やCMへのコメント投稿閲覧機能があるというもの。
「PRO」はこの際関係ないので、「zero」の機能だけまとめてみた。


・過去1週間分のテレビ番組映像をハードディスクに保存
(画質を落とす、録画局数を減らす、休止時間を設けることで最大13日録画可能)
・番組はおろかCMまで、人名や商品名など固有名詞やフリーワードでも検索が可能
・時間帯、新CMなどあらゆる検索に対応
・映像再生中に気になったことをWikipedia検索することが可能
・シーンにコメントの投稿閲覧が可能、オススメなど話題を共有
・スクリーンセーバー機能(番組やCMがランダムで30秒無音再生)
・録画した番組をDVDに保存可能


オイラみたいなテレビ人間には夢のような機械だ。後は値段だな。

【SPIDER zero 2.5T】
 税込411,600円
(本体価格380,000円+1年分のサービス利用料12,000円+税金)

【SPIDER zero 1.3T】
 税込327,600円
(本体価格300,000円+1年分のサービス利用料12,000円+税金)

30〜40万とはかなり高い。
で、さらにビックな落とし穴がありました。

「アナログ放送のみ対応(地デジ対応ではないので、2011年7月で使えなくなります)。」

どないやねん!
3年限定かいっ!

Q&Aを見ると、地デジ対応版の発売は検討中で発売日は未定とのこと。
ともかくもこれは保留…ということで。
お粗末さまでした。


SPIDER  http://www.ptp.co.jp/spiderpro/

2008年05月08日

プチサイズ名刺「DECOCA」

DECOCA

『DECOCA』というのは、株式会社グラフィックが開始した、オンラインサイト「デコプリ」にて、ブラウザ上で簡単に作成・注文できるサービス。

従来の名刺サイズ(86×54mm)より小さめの新しいサイズ(73×35mm)で、厚みは一般的な名刺の2倍(0.5mm)、マットラミネート加工の名刺。飲み会やオフ会などでカジュアルなプライベート用名刺としての活用を想定したものだという。
作成から注文、決済まで全てサイト上で行うことが可能というのが最大のウリだ。完成した名刺はメール便で配送される。
48枚セットが1,500円、96枚セットが2,600円で、1枚1枚裏面を別の画像にすることもできる上、QRコードも無料で印刷できるというのも特筆すべき点だ。

これは展開の仕方次第では結構流行るかも。

ただし、昨年、英国の新興企業MOO社が販売していた70×28mmの「MiniCards」がWeb 2.0時代の新しい名刺として紹介されたものの、未だに流通していないという先例もある。こちらもプライベート用名刺での展開を期待されていたハズだが…。

だがそれでも、すべてをネット上でできる手軽さと、プライベート名刺という用途、価格の安さと三拍子揃っているので、プライベート用に名刺を使うという文化を定着することができれば、これは当たる可能性が高い。月9のドラマなんかで使ってもらうなどメディア露出を一気に展開すれば、爆発的に流行るのではなかろうか。
あとは、それだけの注文に対応できる生産ラインがあるかどうかだな。


デコプリ http://www.decopri.jp/decoca/

2008年04月11日

ゴーモック…五目並べ+オセロの新ボードゲーム

ゴーモック

五目並べが、途中からオセロになるという新しいボードゲームの記事がニュースで取り上げられていた。名前は「ゴーモック」と言うのだそうだ。

「ゴーモック」サイトで公開されているルールは以下の通り
(なぜか文字が斜めっているスキャナーで取り込んだようなpdfファイル)

■ 基本的な勝利条件は五目並べと同じ自分の駒が五目並ぶこと。
■ 黒駒先攻で15枚目までは五目並べルール(この時点での勝敗決定もあり)
■ 15枚目まで使った時点で勝敗が決していない場合、これまで置いた駒を挟んで裏返すルールが発生
■ 裏返すことで五目並べば勝利だが、裏返した駒が赤色の場合はハズレで無効。
■ オセロと違って挟んで裏返せるのは1枚を2枚で挟んだ時のみ。回数は1回のみ。ただし同時に多方向を1枚ずつ挟んだ場合は同時に裏返すことが出来る。
■ 全部のマスに駒を置いた時点で勝敗が付かない場合は、より多く裏返した者の勝ちとする。同数の場合は赤色の少ない方が勝ち。それでも同数の場合は引き分け。

ん~微妙に抜けがあるゾ。

■ 駒は同じ場所から交互に取るとあるが、駒がどういう状態で置かれていて、選択が可能かどうかが不明→赤の駒ばかり使った方が有利なのでは?
■ 裏返した数が多い方が勝利とあるが、赤色のもの以外は、どれが裏返した駒かわからないのでは?

という疑問があるが、とりあえず実際にやってみないことには何とも言えないかなぁ…。

朝日新聞が取り上げているからすでにかなりのブームになっているものかと思ったら、販売は玩具販売の夢創舎で、2006年に特許を出願して3,000円の盤と駒を口コミで300セットを売り、今月7日にネット通販を始めたためにニュースで取り上げられたというもので、まだまだ地方の町内会ネタレベル。

本当に普及させたいのであれば、全国の小学校や児童センターに無料で寄贈するとか、ネットで体験版のFlashゲームをやれるようにするとかって手もあるのだろうが、どうもこの夢創舎って会社は、歌手の三輪ひろし氏が社長を勤めているとのことで、株式会社でさえないようだし、おそらく資本がないのであろう。どこかの大手玩具メーカーに話持って行った方がイイのではないのかなぁ?

口コミだけで300セット売れて数は少ないが愛好家もいるとのことであれば、そこそこ売れるポテンシャルがあるのだろう。3,000円で300セットだと90万円の売上だから、開発費を考えると儲けが出ているか微妙なところだろうし、販売ルートの確保や生産ラインなどを考えると、大阪の小さな工場で作って通販だけってのは、逆にもったいない気もするのだが・・・。


ゴーモック  http://www.risk0.jp/gomoku/

2008年01月30日

『歴史WEB』歴史上の人物が書いたブログ

歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!
歴史Web―日本史の重大事件がホームページになった!
著者は「『超』日本史」などで知られる藤井青銅氏。監修は東進ハイスクール日本史講師の金谷俊一郎氏が担当している。
弥生時代から幕末までにネットがあったという設定で、明智光秀や徳川綱吉など歴史上の人物が書いたブログや、「幕府の公式Webサイト」などのWEBサイト、歴史的事件の実況掲示板など、歴史的事実に基づいたフィクションを展開しているという。
これコンセプトが実にいい。『偉人ブログ』など個人サイトでは、こういうの見たことあるのだけれど、こちらはちょっと本格的な感じ。
オイラの中では『歴史新聞』が出た時以来のヒットかも。

2008年01月24日

巻き取り式ディスプレイ付き携帯

Polymer Vision/Readius

オランダのPolymer Vision社が、携帯電話サイズの端末に名刺2枚分の大きさの巻き取り式ディスプレイを組み込む技術を開発したという。

折りたたんだ状態で高さ100mm、幅56mm、厚さ21mm、展開すると対角5インチ(127mm)の16階調グレイスケールディスプレイが現れる。本体に4GBのフラッシュメモリを内蔵するほかGPRS/EDGE /DVB-Hといったネットワーク対応で電子書籍やRSSフィードといったコンテンツをダウンロード可能なのだという。
iPod touchも相当大きいと思ったが、こちらは3.5インチ液晶なので、いかに大きいかが知れよう。

画像にはディスプレイの他にボタンらしきものも見られないが、それもそのハズで、これは携帯電話ではなく、Readiusという商品名の電子ブックリーダーで、操作ボタンは8個しかついていない。

説明を読む限りでは、完全に表示オンリーの画面でタッチ機能はないようだが、早くタッチ機能など盛り込んで、早いところ携帯ネット端末として進化してもらいたいものだ。

2008年01月20日

タンクチェアはまさにガンタンク

タンクチェア

見たまんまキャタピラ付きの椅子です。
24v、2馬力、127rpmのスピードモーターは、ディープサイクル充電池4個を使って可動。
値段や発表時期は未定。
足が不自由になって出歩けなくなったアウトドア好きの妻のために、旦那が開発したもので、障害物、水溜りなどを移動できる車椅子というコンセプトらしい。
まぁ、そんな心温まるエピソードはともかく、このビジュアル・・・ガンタンクにしか見えません。人が乗って走っている映像がぜひ見てみたいものだわい。

2007年12月03日

萌える!プロレスのススめ

萌える!プロレスのススめ
萌える!プロレスのススめ
萌える!プロレスのすすめ ジャーマンスープレックスVer. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


これはいいね!
「美少女によるプロレス技を決めている瞬間のポーズ集」というものを出してくれないかと夢見ていたのだが、造形というアプローチで夢を実現していただいた思いで感激。
しかもスク水でブリッジ状態とは・・・参りました。

2007年11月24日

ねんどろいど 初音ミク

電脳超合金タチコマ
ねんどろいど 初音ミク

初音ミクのソフトには然程関心を持たなかったが、これには参った。
このカワイさ、秀逸です。

2007年07月25日

デンスケブログパーツ

デンスケブログパーツ

オイラもすっかりハマっている「電脳コイル」。
スクリーンセイバーはおろか、壁紙さえも手に入らない「電脳コイル」が、いきなりブログパーツときたものだ。
しかもなぜかCCレモン。繋がりがよくわからんが、とりあえず乗っかってみることにした。
設定や作画も素晴らしいことこの上ない「電脳コイル」だが、その世界観ゆえに、キャラに派手さがなく色彩も抑えられているため、画像という切り離しはあまり望ましくないのかも知れない。
ブログパーツだが、アクセスとクリック回数を重ねることで、クリックした時のデンスケのアクションが変化するらしい。はじめは回転するだけだが、訪問回数5回目からは後ろ向きになって尻尾を振るアクションに変化した。あとは声が出るとうれしいかな。

追伸…
音出てるねコレ。クリック時のアクションもアクセス時にランダムで切り替わるようね。確認できたのは、尻尾振り、あくび、でんぐり返し、回ってワンの4アクションだが、まだあるのかな?
しかも今ごろ気づいたのだが、CCレモンのアイコンをクリックするとデンスケが投げたCCレモンをキャッチするアニメーションがBlog全面に出現するじゃないか。良くデキてる。

電脳コイル  http://www.tokuma.co.jp/coil/
CCレモン デンスケブログパーツ  http://www.suntory.co.jp/softdrink/cclemon/flash/blog.html

2007年07月06日

仙豆

仙豆
1粒食べれば軽く10日は飢えを凌げ、体力はおろか傷や骨折までもたちどころに治してしまう奇跡の回復薬である、あの『ドラゴンボール』の仙豆が、アミューズメント景品として登場するという。

オイラは全く知らなかったが、今年の3月にもアミューズメント景品として製造され、一部ネットでも販売されたが即日完売となったのだそうだ。
今度は逃すまい。

2007年06月15日

黒いトイレットペーパー

黒いトイレットペーパー

黒い・・・
たったそれだけのことで…だがこの否定しがたい高級感は何だ…

色が黒ってだけでこうも見え方が変わってしまうことに正直ちょっと驚いてしまった。己の既成概念の脆さを見せ付けられたような思いだ。
解説によると、2005年にポルトガルの製紙メーカーRenova社が発表した『Renova Black』が世界初の黒いトイレットペーパーというコピーで西欧の富裕層中心に話題となりヒット商品となったそうで、その後赤、オレンジ、緑の3色が追加されロングセラーを続け、現在では西欧のみならず世界各国に販売領域を広げているという。
日本での販売は今日からということなので、話題づくりのためにも一度使ってもみたいし、友人へのプレゼントとしてもかなりイケてるので一つ購入したいところだが、同じことを考える人は多いらしく、ネット販売店では早くも売切れとなってしまった模様。

仕様と価格を確認すると、

[Renova Gift Set(プレゼント用)]
 カラー4種類3枚重ね香り付×3ロール:2,625円

[Renova 6 roll Pack(自宅・店舗用)]
 カラー4種類3枚重ね香り付×6ロール:1890円

で、普段オイラが買っているのが2枚重ね×12ロールで298円くらいだから1ロール約25円で、『Renova Gift Set』が1ロール約875円、『Renova 6 roll Pack』が1ロール約315円だから約35倍と約12.6倍。
高いが315円ずつ6人で分け合って買うってのなら、無茶苦茶高いってこともないかな。
値段の付け方が絶妙だなこれ。話題先行で飛ぶように売れるのも納得だ。
黒だと汚れが見立たない気もするが、そこは実用的なアイテムとは別物と捉えた方が良いだろう。

Renova http://renova.5101.cc/

2007年06月12日

金閣寺(鹿苑寺)模型

静岡の模型業者アートモデル・ケイワンが、檜材と金箔を使用した金閣寺(鹿苑寺)の精巧な模型組立キットを発売しているという。

金閣寺(鹿苑寺)模型

画像を見ても分かる通り、素晴らしいまでの完成度だ。
スケールは1/70。ほぼ全ての部品が檜材で、木製部品150種以上に金属部品6種を含む総部品点数600点以上、製作参考時間50時間の本格模型セット。金沢箔の金箔平押紙、金色塗料(水性)、筆のセットで価格は3万5000円と、そのお値段もかなりのもの。模型というより最早工芸品と言った方が良いくらいの代物だ。
老後の趣味で金と時間が有り余っている引退社長などがターゲット層なのだろうか?

わが故郷ながら、アートモデル・ケイワンという会社名は初耳。
調べてみると、こうした檜を使用した本格模型のそれも寺院建築を専門に扱っている業者らしく、そのラインナップも、1/70・1/40法隆寺五重塔、1/70薬師寺東塔、1/70法起寺三重塔、1/40日光東照宮陽明門、1/70平等院鳳凰堂、1/36室生寺五重塔とあまりにも渋い。しかもどれも素晴らしい造形。

平等院鳳凰堂なんてかなり欲しいが、7万円以上の価格と制作参考時間100時間はハードルが高過ぎる。

平等院鳳凰堂

この会社、これだけの技術があって何故城を作らんのだ。是非とも城を作るべきだと思う。


アートモデル・ケイワン  http://artmodel-k1.com/

神代仕様 1/70 平等院鳳凰堂

1/70 平等院鳳凰堂

1/70 金閣寺(鹿苑寺)

2007年01月17日

メガマック

メガマック

電車の中刷り広告がどうにも目障りなので、メガマックにチャレンジしてやることにした。
顔に似合わず口が小さなオイラは、こうした大きな口を開けてパクつくアメリカ的食物をうまく食べるスキルがないことは重々承知の上での挑戦である。
味は程良くスパイスが利いていて、これだけのボリュームながら最後まで飽きさせない。しかしながら、案の定食べ進むうちにボロボロになって手や口がソースに塗れ、何とも無様なことに…。

ちなみにこのメガマック、余程売れ行きが好調だったと見えて、1日毎の数量限定販売となるそうだ。

2007年01月11日

納豆がないっ!

納豆

オイラは毎朝納豆を食べるのが長年の習慣となっているのだが、今日も家の納豆が切れたので買いに行くと、何と納豆の棚がガラ空き。納豆のナの字もありゃあしない。始めて見る光景に呆然としていると、張り紙があるのに気がついた…

「納豆は、一部のテレビ情報の影響による需要過多により、メーカーの製造が間に合わない状態となっており、当店におきましても欠品が多く発生しております。お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦くださいますようにお願い申し上げます。」

何だぁ? オイラの知らんトコで何が起きているのだ?
納豆目的だったので無様に手ぶらで家に帰り、早速ネットで調べてみたら、

「7日夜のテレビ番組でダイエット効果があると取り上げられた納豆の売り上げが急増し…」

と、7日の夜と言えば『あるある大辞典II』だ。あるあるめ〜お前の仕業であったか。
テレビを真に受けた、にわか納豆食い(おそらく女性ども)によって、オイラの朝食が奪われることになろうとは…。
所詮にわか納豆食い、一刻も早く飽きてくれることを望む。

2006年12月20日

横濱カレーミュージアム閉鎖

カレーミュージアム閉鎖

横浜市関内にあるテーマパークの横濱カレーミュージアムが2007年3月31日をもって閉館するとのこと。
発表では閉館の理由を「知られざるカレー文化の魅力を広く一般に紹介することでビルと商店街を活性化させる」という所期の事業目的を達成したためとしており、2001年1月の開館以来約6年間の歴史に幕を下ろす。

この大のカレー好きのオイラが一度も行くことのないまま閉館してしまうとは…。いや、まだ3ヶ月もあるから閉館までに一度行っておきたいものだが、そもそも家で頻繁にカレーを作るオイラとしては、外でカレーを食べる習慣はない。家でカレーばかり食べているから、外ではむしろカレーを避ける傾向があるくらいだ。当然カレーミュージアムに行こうと思ったことさえなかった。
さらに言えば、カレーミュージアムのみならず、ラーメン博物館などような食をテーマにしたテーマパークは、一回に何食も別店舗をはしごしながら食べ回るというシステム自体に馴染めず、朝昼晩の3食に分けて食べるとしても、その間一日中館内にいるワケにもいくまいので、やはり気が重い。
またさらに言えば、館内に用意されている各種のカレーを全部食べると16650円、お試しのみでも8800円。全部食べられないからチョイスしてみても、やきカレー、百年ライスカレー(試)、カシミールカレー(試)、シュンビーフカレー(試)、牛すじネギカリー(試)で4400円。どう考えても予算オーバーだ。…むむむ。

■ 伽哩本舗  [やきカレー]  お試し(肉なし)700円/レギュラー1,100円
■ パク森   [パク森カレー] お試し650円/レギュラー950円
■ 紅 KOU   [湘南黒カレー豚トロ] レギュラー1,350円
■ 琉球カリー [沖縄角煮カレー] お試し700円/レギュラー1,200円
■ 琉球カリー [奄美鶏飯スープカレー] お試し750円/レギュラー1,250円
■ トプカ   [印度カレー] お試し700円/レギュラー1,100円
■ 日光金谷ホテル [百年ライスカレー] お試し1,000円/レギュラー1,800円
■ 讃岐五右衛門 [カレーうどん] 小盛り700円/並900円
■ デリー   [カシミールカレー] お試し600円/レギュラー1,100円
■ 木多郎   [チキンカリー] お試し600円/レギュラー1,100円
■ 横濱フレンチカレーの店 [横浜フランスロワイヤルビーフカレー] お試し800円/レギュラー1,200円
■ ア・ラ・ブッフ・シュン [シュンビーフカレー] お試し800円/レギュラー1,200円
■ 船場カリー [牛すじネギカリー] お試し800円/レギュラー1,200円
■ アジアンランチ [本日のおすすめ3色カレー ]  レギュラー1,200円


横濱カレーミュージアム  http://www.currymuseum.com/

2006年12月19日

ポリンまん

ポリンまん

サークルKとサンクス限定で売っている『ポリンまん』なるものを買ってきた。
何でも『ラグナロクオンライン』でお馴染みのキャラらしいのだが、ネトゲをやる習慣のないオイラはもちろん知らないワケで、買うつもりなんか更々なかったのだが、中華まんケースの中から覗く円な瞳を見てしまったら、「買って」と懇願されているようで、ついつい注文してしまったのだ。
まったく我ながらまんまと計略に引っかかってしまっているな…。

中身はカスタードクリームでなかなか美味しゅうございました。

2006年12月16日

ヤマダ電機の来店ポイントについて。

ヤマダ電機の来店ポイント

今日ヤマダ電機に行ったら来店ポイントのシステムが変更されていた。
これまでの1000円以上購入すると、100〜4000円が当たるスロットが4回(1日1回限定)できるのは変わらずで、最低獲得ポイントが100円から10円に変更になった。
正確には、これまで最低獲得ポイントが100円から10円に変更になり、合わせてスロットを1回やった後、200円以上の買い物をするとさらに1回スロットができるというシステムになったらしい。

以前のシステムでは、1000円以上購入すると400円は確実にもらえていたので、それがたったの40 円になってしまうというのは正直ガッカリ感が大きい。
もっとも、はじめにこの来店ポイントが導入された時には、あまりのポイント還元振りに正気の沙汰かと思った程だったから、今回の還元率縮小には頷けるところもないではない。
しかし考えてみると、この来店ポイント導入後、高額機器の購入にはやや不安はあるものの、それまでヨドバシカメラ専門だった消費系の低額製品購入はほぼ100%ヤマダ電機に移行してしまった。オイラのようにヤマダ電機に移行した者はかなり多いと思う。土日ともなるとポイント機器の前に行列を作っている客がよく見られるようになったし、集客という点においてこの来店ポイントの効果は絶大であったように思われる。

で、邪推だが、もしかしてこの変更ははじめからの計画ではなかったのか?
初めの大盤振る舞いの来店ポイントで絶大な集客効果を上げておき、予定通りの固定客を獲得した後に、その役目を終えた高額ポイント還元率を適正ポイント還元率に変更するという計画。
ポイント還元しすぎて売り上げが上がらず、焦ってポイント還元率を引き下げたとなるとお粗末だが、邪推通りの計画的なシステム変更だとしたら、かなり天晴な経営手腕と言わざるを得ないが真相はいかに…。

ちなみにオイラは2000円と1000円と500円が1回ずつ当たったことがある。

2006年12月07日

超カッチョイイ立掛ヒーター

超カッチョ良いヒーター

モノリス風のヒーターだが、抜群にカッコイイ。
ただし、これを『新世紀エヴァンゲリオン』のSOUND ONLY板だと思うと何だかガッカリだが、最近の若者はエヴァの印象の方が強そう……残念だ。
これはモノリスだと言い張って立てかけておきたいな。

時刻が電光表示される他、背面の照明が温度等に合わせて黄色や緑、オレンジ等幾つかの色に変化するらしい。

[BIG ONE] H1440mm×L520mm×P80mm/スチール製/最高温度95度
[SMALL ONE] H520mm×L940mm×P80mm、スチール製/最高温度95度
海外のみの販売のようなので入手は困難そう。っていうかそもそも値段がわからん。どこか日本に輸入してくれる企業ないものかな…。

T&D Technology and Design ONE No Picnic

2006年09月18日

牛丼復活祭

牛丼復活祭

当初は並ぶのがイヤだったので行く気はなかったのだが、別の用事で街に出掛けて店の前を何度か通ったら、ちょうど列の切れ目が出来ていたので、思わず店に飛び込み、幸運にも並ばずに食べることができた。
吉野牛は、大学時代にはよく食べたが、大学卒業と共に天屋に移行してほとんど食わなくなり、最近では仕事の関係で昼に食べることのあったが、すでに豚丼になっており、ほぼ7〜8年振りの再会ということになる。そのせいいなのか、吉野牛にそれ程思い入れもなかったハズだったのに、その懐かしい味にちょっと感動してしまった。
やはり吉野牛は何か別格な気がするな。
また10月1〜5日に牛丼祭をやるそうだが……まぁ、並ばずに食べられるのなら食べたいゾ。

2006年05月28日

携帯戦線

今日の『バンキシャ!』で、携帯電話商戦を取り上げていた。
で、昨今の携帯電話の話題を総括したものにすぎず、真新しい情報もなかったのだが、やはり改めて思ったのは、各社のサービスがオイラにとっては、てんで的外れだなってこと。

■ お財布携帯(クレジット機能)……必要なし。むしろ盗難性を向上させてしまうのでは?
■ 音楽プレーヤー………………………必要なし。外で音楽聴く習慣ないし
■ テレビ視聴機能………………………必要なし。だから外でテレビなんか見ないって

各社とも、ちょんとリサーチもして戦略を練っているハズだから、世間的には根拠のある機能なのだろうが、各社がウリにしようと躍起になっている機能のすべてが、まったく必要性を感じないというのは、何だかなぁと思ってしまう。
じゃあ、オイラが必要だと思う機能は何かというと……

■ インターネット機能……安価で快適にPC向けサイトが閲覧できる機能
■ スキャニング機能………文章や画像をスキャンして取り込める機能
■ リスト機能………………欲しいものなどの表やリストが作れて、検索機能もあれば尚良し。
■ メモリ機能………………PC用のデータを持ち運ぶためのUSBメモリの機能

今ざっと思いつくのはこんな感じかな。
イイと思うのだけどなぁ…。

2006年05月22日

レコードの最新技術の話

レーザー・ターンテーブル
 レーザー・ターンテーブル

私の大好きなワタミ社長・渡辺美樹が出ていた今日の『カンブリア宮殿』の後に見た、『ワールドビジネス・サテライト』で、興味深い特集をやっていた。
それは、アナログレコードをレーザーで再生するというもの。レーザー再生は無接触であるので、これまでの針による再生のためにレコード板が持っていた、再生を繰り返すことによる音質の劣化っという宿命を解き放ったというのだ。
また、このプレーヤーは無接触なために、割れてしまったレコード板さえも再生可能なのだとか。
このプレーヤー( 商品名:レーザー・ターンテーブル、発売元:株式会社エルプ)は、レコードを半永久的に再生できるメディアへと昇華させたといってもいいだろう…。

とは言ったものの、レコードを聞いたのって小学生の頃だけで、小学生後半にはすでにCDになっていたので、レコード自体には興味がない。だが、この技術、着眼点に感服した。

株式会社エルプ http://www.laserturntable.co.jp/

ついでなので、最近知ったレコード関係の商品も紹介したい。

USB Turntable
 USB Turntable

USB接続でアナログレコードの音源をMP3に変換してくれるターンテーブル。DJのようにスクラッチすることもできるのだとか。
やっぱりオイラにはまったく必要もないし欲しくもないものだが、興味だけはそそられる商品だ。

USB Turntable

2006年03月30日

チョコビ

チョコビ

先日取り上げた『クレヨンしんちゃん』のチョコビが、ようやくバンダイのHPで確認が取れたわい。
3月下旬発売予定で税込109円。全20種類のシールが1枚入っているそうだ。
思った以上に安いが、これも原作の価格設定に近い感じ。幼稚園児がおこづかいで買える値段のハズだからね(もっとも、しんのすけはみさえにねだって買ってもらっていたが)。これは大人気なく大人買いなどしてはいけないのかなぁ…。
これも原作通りシールが入っているのだが、今は亡きぶりぶりざえもんのシールだけはちょっと欲しいかも。

チョコビ

2006年03月19日

『クレヨンしんちゃん』のチョコビ遂に発売

『クレヨンしんちゃん』で、しんのすけの大好物として作中に登場するあの『チョコビ』が発売されるとのこと。普通ならとっくに商品化されても良いものだったのだが、15年目にしてようやくの商品化。待ちに待ったというよりもすでに、何で今更感が強いぞ。

かつて東ハトがバンダイと組んで『おっ!チョコビ』という商品を販売していたが(今でも売っているのかな?)、何故かメロンパン味ビスケットという、チョコビとは似ても似つかぬお菓子だった。

しかし今度のチョコビは、パッケージを見る限り、ほぼ作中のチョコビを完全に再現したかのような商品となっているようだ。
でも、テレビCM以外、ネットでも情報が得られない。当のバンダイのサイトでもまったく取り扱われていないのは何故だろう? 不可解だ…。

その後、発売元がカルビーであることが判明。早速カルビーのサイトに行ってみるも、またもや一切情報ナシときた。

その後もあれこれと彷徨った挙げ句、CMに出演していた佐野夏芽という娘のBlogにてようやく画像を入手できた。それがコレ…。
チョコビ

2006年03月01日

山手線駅メロ目覚し時計

山手線駅メロ目覚し時計

名前通り、山手線の代表的な駅で発車合図として使われている駅メロをアラームにした時計。
収録されている駅メロは、発車ベルも含めて7曲で、東京、有楽町、品川、五反田、渋谷、新宿、新大久保、池袋、上野(新大久保・上野は発車ベル)の各駅で使用されているもの。
また、盤面のデザインも約60分で1周する山手線全駅の駅名標を所要時分に対応して配置したもので、これでもかというくらい山手線。そんなに好きなのかよ、山手線…。

販売は鉄道グッズ専門の企画・製作である日車夢工房プロジェクト で、発売予定は3月中旬だそうだ。


日車夢工房プロジェクト  http://www.n-sharyo.co.jp/yumekobo/

2006年02月28日

黄金比デバイダー

コンパッソ・レオナルド・ジェニオ

商品名『コンパッソ・レオナルド・ジェニオ』
スイスのシャーレン社の製品で素材はステンレス。どこでも簡単に黄金比1.618:1を測れる道具で、プロのデザイナー用の製品らしい。
説明によると、デバイダーの指示するB:Cが「1.618:1」の黄金分割比となり、 同時にA:Bも「1.618:1」となっているため、B:CとA:Bを使い分けることにより多くの対象物に対応が可能なのだそうだ。
仕事に使うことはしないだろうけれど、何だか意味もなく無性に欲しいぞぉ、これ。

コンパッソ・レオナルド・ジェニオ

2006年02月08日

筋斗雲

v

バンプレストが発売しているクッション。縦約500mm、横約350mm、素材:ソフトボア
ちょっと小さめだが、これかなり欲しいな。
もう一回り大きいと尚イイんだけど…。
しかしこれは、2004年の9月に発売されていた商品で、現在は販売していないとのこと。残念。
情報古過ぎたわい。

ドラゴンボール 筋斗雲クッション

2005年12月19日

『もえたんリスニングCD』

もえたんリスニングCD

萌え系英単語学習本として話題になった『もえたん』が今度は音声つきで発売されるとのこと。まぁ、リスニングも大事だしね、至極当然な成り行きかも、と然程注目もしていなかったオイラなのだが、キャスティングを見て目が輝いた。

……………田村ゆかり!?

おいおい、英語発音能力の極端に低いあの、ゆかりんをキャスティングするとは、これはもしや、と思って公式サイトmoetan.jpで確認。サンプルを聞けたが、案の定、ヒドい発音だ。ゆかりんの英語はカタカナ読みだものな。

「やきそばパン買ってこい! ゴーゲッツサムヤキソバブレイク!」

「 追記とお詫び:本製品における発音の精度は、受験用途には適しておりません。休憩時のリフレッシュなどにご活用くださいますようお願い申し上げます。また、本件は製作側の企図とディレクションによる結果で、出演者様に責はないことをご報告申し上げます。」

やっぱりだ。
三才ブックスめ、やりやがったな。完全に色もんじゃないか。
くぅ〜、やべぇ、ものすごく買っちゃいそうな予感。

2005年12月02日

20Q

20Q
『20Q(トゥエンティーキュー)』というオモチャがバンダイより発売された。

これは、「それは部屋にあるものですか?」とか「それは毛が生えていますか?」とかいった、はい・いいえで答えられる質問を20問投げかけて、ユーザーが思い浮かべたものを当てるオモチャ。

米国がオリジナルで販売していたもののライセンス提供をバンダイが受けて発売したものだが、米国製の人工知能をそのまま日本語で利用した場合の正答率は4割程度で、製品化のためには、この正答率を6割以上に上げなくてはならず、それには人工知能の学習用として10万の回答データが必要。そこでバンダイが何をしたかというと、

WEBサイト『人工知能研究所』の構築。

20Q

20問の質問に、はい・いいえで答えると、思い浮かべたものを当ててみせるというサイトで、データ収集を目的としているものの、そんなことはまったく触れておらず、表向きは純粋に面白サイト扱いで運営されていた(……ように見えた)。

今年5月19日に公開され、その後、某人気ブログで紹介されたことで爆発的にアクセス数を上げ、6月4日までに100万以上のテスト結果が集まったという。
そのおかげで人工知能の正答率は78.5%に上昇し、正解率6割の米国オリジナル製品の性能を大きく上回るものとなった。しかも3000円程度になるはずだった価格を、データ収集に費用がかからなかったために、税込2100円という低価格に抑えることができたのだという。

実はオイラ、そんなこととはつゆ知らず、めちゃくちゃハマって、かれこれ数十回、もしかしたら100回以上はやったかも。
何故こんな商品をわざわざ取り上げたかと言うと、つまりは知らずに協力させられていたというか、良いように使われていたことに、複雑な思いがするからなワケで。
まぁ、少々釈然としない思いはあるものの、『人工知能研究所』は面白かったからやったのは事実なのだし、良しとするか。

2005年08月13日

太陽電池内蔵の携帯電話

太陽電池内蔵の携帯電話

実は、何故出ないのかずっと前から不思議だったのだけれど、開発が難しかったみたいです。

日本最大のワイヤレス&モバイル専門展示会「ワイヤレスジャパン2005」の展示ブースで初めて披露された試作機は、三菱電機製のMusic PORTERをベースに、液晶背面に太陽電池パネルを内蔵したもので、残念ながら、現状ではまだ商品化の目処は立っていないとのこと。

開発の端末機種にMusic PORTERを採用したのは、この機種がFMラジオチューナーが搭載しているからだそうで、大規模災害時での使用を考慮してのことなのだとか。
ほほう。充電不要+環境対策+災害対策と、一石三鳥の携帯電話とは恐れ入ったわい。
特に太陽発電とラジオを組み合わせた災害グッズとしての付加価値には感心した。写真が撮れたり音楽が聞けたりするよりも余程に有効な機能だと思う。若者の人気がなかったとしても、オイラは全面的に支持するね。一日も早い商品化を願う。


それにしても、太陽発電って、オイラが子供の頃からあったが、まだ全然実用的な段階まで開発が進んでいないのな。どうしてこの分野だけ立ち後れているのだろうか?
環境問題が取り沙汰された80年代、次世代を担う夢のクリーンエネルギーとして大いにもてはやされた太陽発電が、今もって携帯電話の電力さえ満足に賄えないとは…。

2005年08月12日

世界初『耳なし食パン』

英国で、耳なし食パン(Invisible Crust)が開発されたという。
特殊な型に入れて低温で時間をかけて焼くという製法で、外側まで白い食パンらしい。味も遜色ないそうで、値段は25%増しだが、耳の部分を捨てたりすることを考えれば高くないという。

オイラ的にはどうでも良い気もするが、英国では余程に需要があるのだろう。随分話題になっているらしい。我家ではサンドイッチは耳付きだったしなぁ。耳を捨てるなんて英国人は随分食べ物を祖末に扱うのだなぁ、と思ってしまった。

2005年07月09日

着ぐるみ携帯……ってイイかも。

着ぐるみ携帯

これかなりイイネ。
シリコン製の携帯電話カバーで、他にも「吸盤」や「芝」「タイヤ」など全12種類あるが、この四本足の「ブル」は格別最高だな。オイラ的には今年のベスト・オブ・デザインだわい。
あぁ、でもこれって単体の商品ではなくって、ボーダフォンから発売予定の東芝製V501Tという機種の付属品なのね。激しく残念。
家でゴロついている携帯電話はいつも所在無さげ。こんなキュートな姿で立ってくれている携帯電話は、想像するだけでも、とってもプリティ。バッタもんでも良いんで、他の携帯電話にも装着できる類似品を出してくれれば、即買いなんだけどなぁ。

2005年06月04日

USBカップウォーマー

オイラはコーヒー飲み過ぎだ。
毎日5〜6杯は飲む。これは我ながら体に良くないな、と思いながらもなかなか止められない。何故か………それは冷めるから。
オイラは冷めたコーヒーが嫌いだ。だから冷めないうちに飲み干さなくてはならない。すぐになくなってしまうので、また作る。結果飲み過ぎ……見事な悪循環だ。

んで、マグカップを保温出来まいかと思って探したら、ありましたよ、ありました。
ベルト式のものと台座式の2種あり、いずれもUSBで電力を得る仕組で、40〜50度くらいの飲み頃温度に保ってくれる。夏はまだ良いが、冬になるとあっという間に冷めてしまうので、これは必需品だな。

■ サンワサプライ株式会社 USBカップウォーマー 1,090円
USBカップウォーマー


■ USB カップウォーマー 1,980円
USBカップウォーマー


■ USB接続カップウォーマー 1,980円
USBカップウォーマー

2005年04月12日

変わり種マウスパッド

マシュマロ通信2

超極薄マウスマット『Mouse Pet』シリーズ。
欲しいかと言われれば正直考えちゃうのだけれど、ネタとしてはソコソコいいです。
もっとギョッっとなるようなパンチのあるネタが欲しいかな。立体感のあるものなんかイイねぇ。

シグマA・P・Oシステム販売株式会社 http://www.sigma-apo.co.jp/

2005年04月04日

ANAユニフォームコレクション

ANAユニフォームコレクション

全日空商事が、15年ぶりの新制服導入を記念して、女性客室乗務員フィギュアの食玩『ANAユニフォームコレクション』を5月1日に発売するとのこと。フィギュアは歴代ユニフォームを着用した全10種類で、製作は海洋堂(デザインは西E田)。1箱税込み400円。
T's systemの宮川武や海洋堂の榎木ともひでなどの造形師が参加したフィギュアの出来は素晴らしい限り。オイラはスチュワーデスにあまり興味がないのだが、この造形は必買だ。めっちゃ欲しい。

販売は全日空ECサイト『astyle』と、空港売店『ANA FESTA』、ANA機内誌『ANA SKYSHOP』5,6月号、全日空商事通販誌『GOODS FOREST 夏号』で行う他は、電話注文のみで街頭店舗での販売は行わないとのこと。在庫はどれくらい用意しているのかわからんが、これはあっという間に売り切れになる可能性があるのじゃないかな。販売受付開始の5月1日はサイトへのアクセスが集中するものと予想される。

astyle http://www.astyle.jp/
ANAユニフォームコレクション

2005年02月21日

デザインバーコード™

デザインバーコード

健康系カテキン式におまけで付いてくる笑点はんこフィギュアのことが知りたくって、サントリーのページに行ったら、デザインバーコード™なるものが紹介されていました。
今までまったく知らなかったのですが、こういうの好きです。
一般公募のコンテストや、有名アーティスト参加させたりして流行ったらおもしろいな。

サントリー  http://www.suntory.co.jp/
アミノ式・カテキン式のバーコード  http://www.suntory.co.jp/softdrink/shiki/bcd.html

デザインバーコード株式会社  http://www.d-barcode.com/

2005年02月03日

食玩DVDで名勝負を。 『Oh!相撲列伝』

今日スーパーで、『Oh!相撲列伝』っていう食玩を発見した。昭和50年から平成13年の取組から歴史に残る名勝負を10取組づつ収録したDVDを封入した食玩で、これまたブルボンから発売されている商品だ。
付いているお菓子の(いや、建前はお菓子がメインか…)、力士のまわしをイメージした『ひねり揚げ』って
のもちょいとイカしているなぁ。
Yahoo!ブログ

気になる収録内容は以下の通り…

【Vol.1 業師列伝】
業師の勲章ともいえる技能賞を多く受賞している力士を中心に華麗な技の数々を紹介し、相撲ファンの記憶に鮮烈に焼き付いている取組を収録
 [栃剣 vs小錦][益荒雄vs千代の富士][貴闘力vs千代の富士][舞の海vs曙]
 [舞の海vs北勝鬨][舞の海vs琴富士][琴錦vs武蔵丸][智ノ花vs貴ノ花]
 [旭道山vs曙][琴錦vs貴乃花]

【Vol.2 ライバル列伝】
大相撲新時代といわれたライバル対決を収録
 [北天佑vs隆の里][大乃国vs北勝海][大乃国vs千代の富士][北勝海vs大乃国]
 [曙vs小錦][曙vs貴花田][曙vs若ノ花][武蔵丸vs貴ノ花][貴乃花vs曙]
 [武蔵丸vs曙]

【Vol.3 ドラマ!優勝決定一番】
幕内最高優勝を目指して死闘を繰り広げる優勝決定の戦いの数々を紹介
 [貴ノ花vs北の湖][朝潮vs若嶋津][北勝海vs旭富士][千代の富士vs北勝海]
 [小錦vs琴ヶ梅][北勝海vs小錦][貴ノ浪vs貴乃花][貴ノ浪vs貴乃花]
 [貴乃花vs武蔵丸][貴乃花vs武蔵丸]

【Vol.4 柔よく剛を制す】
ハワイ出身力士の登場により、大相撲の一つの名物にもなった小兵力士と巨漢力士の対決を紹介
 [千代の富士vs小錦][若嶋津vs千代の富士][千代の富士vs大乃国]
 [保志vs隆の里][北天佑vs小錦][霧島vs大乃国][安芸乃島vs小錦]
 [貴闘力vs武蔵丸][若乃花vs武蔵丸][安芸乃島vs武蔵丸]

【Vol.5 運命を引き継ぐもの】
貴乃花、若乃花に代表される二世力士の活躍を紹介いたします。
 [寺尾vs小錦][逆鉾vs大乃国][貴花田vs寺尾][貴花田vs千代の富士]
 [貴花田vs小錦][若花田vs久島海][小城ノ花VS若ノ花]
 [小城錦vs貴ノ花][若乃花vs貴乃花][栃東vs若乃花]

これは全買い必至だな。楽天で買っちゃおうかなぁ。

2005年01月29日

最近の関心事.1

TOTOが新発売の便器にMP3の再生機能がつくらしい。
えっと…何で?

■『スカパー!』は、オプティキャストが運営する光ファイバー網を利用した放送サービスの名称を『光パーフェクTV!(通称:ピカパー!)』に変更する。
ハゲでバカってこと?

■ 『ゲゲゲの鬼太郎』松竹が実写映画化
……

2005年01月13日

ミシュランの空気なしタイヤ

Naver

ミシュランが空気なしタイヤを発表した。一般販売はまだ先だが、写真が公開されていて興味深い。
ただ残念なのは見た目のカッコ悪さ。
歯の抜けた間抜け顔のような外観は、デザイン重視の客が多い自動車業界には不向きかも。まずは軍用車に使用されそうだね。ただ、ここで公開されているのは構造を見せるためのもので、商品化の際には一般タイヤと変わらない外観にするのかも知れない。
いずれにせよ免許がないオイラには関係ない代物。自転車のタイヤに応用してくれないものかなぁ。

2004年10月20日

リラックマコレクション

リラックマコレクション

リラックマのマスコット第2弾が出ました。
なんか新しいキャラ加わってるし…。名前は「コリラックマ」。うわぁ、ひねりないなぁ。
でもかわいいから……許す。

2004年10月17日

時限爆弾型時計『THE DYNAMITE CLOCK』

時限爆弾型時計

いいね、これ。
爆破処理のプロがデザインしたという本物の時限爆弾の外観をした時計で、センサーや起爆装置などの部品は全部本物なのだとか。もちろんダイナマイトだけは火薬を抜いてあるけれどね。
これは、Brandon Enterprises' SPYMALLというセキュリティ関連商品を扱うアメリカの通販サイトで売っているもの。今のアメリカでは、贈り物なんかにしたら容易に警察沙汰になりそうな危険な商品。プレゼントに最適です。価格も125ドルと69.95ドルと、まったく買えない価格ではない。ただし配送はアメリカ国内のみ。残念…。
これって、「たまに本物が混ざっています」なんて注意書なんかあったらおもしろいなぁ。って冗談にならないか…。

Brandon Enterprises' SPYMALL

2004年09月02日

大戸屋の鶏のねぎ塩焼き定食

大戸屋の鶏のねぎ塩焼き定食が結構好きだ。みそ汁がもう少しおいしければパーフェクトなのだが、それでもこれで714円というからかなりのお得感。
そして、ご飯を大盛りで注文すると、必ず777円になる。もうひとつ得した感じ。

2004年08月16日

吉野家ストラッップ『吉ブー』

吉野家の豚丼4杯分の引換券でもらえるストラップをGETしてきました。
意外にかわいい…。
造形は割とイイ感じだが、塗りが下手。オイラがもらったのだけかなぁ。
キャンペーンは9月1日までなんで、もう1個確保しとこうかな。
WEBサイトまで作っちゃって、このキャラ今後も露出していくつもりらしいねぇ。何かライトンとかぶるんですけど…。

吉ブー

吉ブーWEB店
ライトン

2004年07月08日

とっても訳せない味メローイエロー

『とっても訳せない味』のコピーで一世風靡した?あのメローイエローが、セブンイレブンで復刻発売していました。これ好きだったのだよね。小・中学校の時、オイラこればっか飲んでた気がするよ。 実際に買って飲んでみると、まさにメローイエロー。この主張しすぎない控えめな味が好きでした。「とっても訳せない味」とはよく付けたものだ。商品としてはパンチが足りない気がするが、それが生産停止の理由だったのだろうか…。
あぁ、それとメローイエローってレモン味じゃなかったのね。原材料を見ると、果糖ぶどう糖液糖とオレンジ、酸味料となってました。ずっと勘違いしてたよ…だって黄色なんだもん。

メローイエロー

2004年06月27日

映画丸ごと1本付食玩

『まいちんぐマチ子先生』や『あしたのジョー』の1話分を収録したDVD食玩というものが出ていましたが、今度は映画丸ごと1本を収録したDVD食玩がカバヤ食品から出るそうデス。タイトルは『水野晴郎シネマ館』?! まさか『シベリア超特急』か、と思いきや、ラインナップは以下の通りで、安心したような、残念なような…。

 ・『キング・ソロモン』(1937年)
 ・『愛のアルバム』(1941年)
 ・『アンナ・カレニナ』(1948年)
 ・『バリ島珍道中』(1952年)
 ・『キリマンジャロの雪』(1952年)
 ・『黄金の腕』(1955年)
 ・『ふたりの女』(1960年)
 ・『片目のジャック』(1961年)
 ・『マクリントック』(1963年)
 ・『古城の亡霊』(1963年)

しかし、安く映画を見られることはうれしいし、埋もれてしまった名作を若い世代にも見せたいという意義もわかるのだが、安いと言っても315円だからほとんどレンタル料金と変わらないしなぁ。もうちょっとネームバリューのある作品をラインナップに入れるべきだね。『風と共に去りぬ』とか、『サウンド・オブ・ミュージック』『ベン・ハー』といったアカデミー賞作品を1本でも入れとかないと売れないのじゃないのかなぁ。オイラ的には水野晴郎セレクトってだけで、購買意欲を削がれます。『淀川長治の愛した映画たち』とかいったタイトルで、チャップリンやらキートンなんか出してくれたら即買なんだけどなぁ。

2004年05月27日

DVD探偵団

おもちゃ屋に行ったら、食玩で『DVD探偵団』なるものが売っとりまして、なつかしのアニメが1話まるごと入って 300円。ラインナップは以下の通り。

 1.エイトマン
 2.スーパージェッター
 3.宇宙少年ソラン
 4.冒険ガボテン島
 5.あしたのジョー
 6.スペクトルマン
 7.怪傑ライオン丸
 8.おれは鉄兵
 9.まいっちんぐマチコ先生
 S.鉄人28号(実写版)

鉄人28号(実写版)って…。

鉄人28号

2004年05月15日

タイムスリップグリコ鉄人28号編

これメチャクチャかっこいいデス。今度は全部鉄人28号なんでハズレなしといった感じ。いやでも当りはあるな。鉄人28号とブラックオックスのアクションフィギュアの出来はかなり秀逸。わずか300円の食玩で駆動するとは。しかも造形がイイ。デザインは原作ではなく新作アニメ版のようだが、ともかくカッコ良すぎ。絶対コンプしたいゾ。

タイムスリップグリコ鉄人28号編

2004年02月09日

リラックマ

コンビニでめっちゃかわいいクマさんを発見。わずか1cmちょっとのちっちゃなマスコットに、ハート直撃されました。

リラックマ

2003年09月19日

パペットパンダ

どうしても欲しいものがあって、約2年ぶりにクレーンゲームやりました。松島奈々子の爽元美茶CMでおなじみのパンダのパペットです。1400円で2個。ブランクがあるので、こんなトコですか。

パペットパンダ

2003年08月31日

今城塚古墳

昨日のNHKスペシャルで、初めて調査許可が下りた天皇家の古墳で130体の埴輪が発見された模様と、復元、再現、読み解きなどやっていて、非常に興味深かったのだが、同じ日、偶然にガチャガチャでエポック社の『土偶と埴輪』を発見し、思わず散財した後だっただけに、何かの啓示かと疑ってしまった。これかなりイイです。エポック社さんには、是非この歴史ミュージアムシリーズ続けていただきたいものだ。寺院や牛車、城や鎧なんかめっちゃ欲しいなぁ。

埴輪と土偶

2003年07月22日

松本人志の食玩

『世界の珍獣』と題したお笑いフィギュアだが、買ってきた3個の中に入っていた 『手長亀』,『背乗り文鳥』,『しゃくれ貝』はいずれもサブかった。これは当りハズレがあるものなのかなぁ? これはハズレなのか、みんなこの程度なのか、期待外れの出来に、購買意欲を大いに削がれた。発想云々というより、造形自体に笑わせる力がないのがイタい。

2002年12月23日

コピーコントールCD

先日この表示に臆してレンタルできなかったTHE SCANTYごときの『I♡U』。今日たまたまBOOK OFFで売っていたんで、ダメもとで買って来た。たしかに変なアイコンやexeファイルの入ったフォルダなんか出て来て一瞬やっぱりダメかと思ったが、何のことはない。普通にiTunesでエンコードできた。何てことだ、コピーコントロールという有名無実な言葉に踊らされていたとは。BOAもDo As Ingfinityも我慢して買わなかったオイラは何て愚かなのだ。物事は何でも自分の手で確かめてみないとその真はワカらんという良い教訓を得た一日でした。

2002年11月25日

コピーコントロール

先日TSUTAYAでTHE SCANTYの『I♡U』を借りようと思ったら、これがなんとコピーコントロールCDでした。おまえもか!ソニーやavexだけかと思いきや、東芝EMIもCCCDあるんや。知らんかった。それにしてもBOAやDo As Infinityならまだわかるが、THE SCANTYごときをCCCDにする必要があるのか、と失礼なことを思ったりした。しかたがないから『満月をさがして』のサントラでも借りますか。

2002年11月05日

犬語翻訳機

タカラから犬語翻訳機、その名も「バウリンガル」ってのが発売される。TVで実演やってたが、鳴声を声紋解析して約200個の短文で犬の気持ちを表示する、とういうもの。驚くべきは初回出荷分の3万個が数日で完売したこと。タカラでは生産前倒しだという。これ程みんな犬の気持ちが知りたい…裏を返せば、みんなこれ程犬の気持ちがわからないでいる、とうことか?

2002年10月18日

Cool Mouse

Cool Mouse

汗ばんだ手を冷やすファン内蔵マウスだってさ。汗ばむ程がっちり握ってるのって、力みすぎなんじゃないの?オイラは指先で扱ってるから、汗ばんだことなんてないし。でもこの外観…龍騎っぽくてなんかイイ。

2002年10月17日

士郎正宗

士郎正宗-マウスカチョキハジメ-マウス

のデザインしたマウスが発売されるそうです。ついでにカトキハジメのも出るんだそうです。カトキのは使い難そうだが、士郎正宗のはワリと良さ気。マウスなんて眺めるもんでもないんだから、機能重視でしょ。あとは触感かなぁ。

2002年02月08日

タンクじゃない。

ワールド・タンク・ミュージアムの第3弾が出た。ラインナップを見ると、あれ?飛行機やないか。よく見ると車もある。ふざけんなよ! 第一弾の高射砲は他の面子が豪華だっただけにオマケの位置を保っていたが、今度のは明らかに主役扱い。パッケージでも目立ってるしな。戦車好きの戦車好きによる戦車好きのためのこの企画、自ら存在価値を否定するような振る舞いはなんとも疑問だ。純粋に戦車を追求しないでワールドタンクに明日はない。飛行機出すくらいなら90式出せよな。まったくもー信じられん。