2006年06月12日

実写版岩鬼!

岩鬼

普段野球ニュースは見ないのだが、見るともなく一般ニュースの流れでつけていたテレビから聞こえてきた『幻のホームラン』という言葉に釘付けにされました。

何でも11日に行われたロッテ巨人戦にて巨人の選手がホームランを打ったが、3塁ベースの踏み忘れで幻のホームランに終わったとのこと。

おおっ、岩鬼だ。まさに岩鬼だ〜!

今ちょうどGyaoで『ドカベン』が毎週配信されており、先日見たばかりで第51話『決勝戦!打った幻のホームラン』の記憶も新しいところ(現在61〜64話配信中)。タイミング良スギっ! 意識してやったんとちゃうんかい……そんなワケはないか。でも何だか妙に興奮させられる珍事だわい。

この一報を聞いたニュース番組では詳しい内容が報じられなかったので、他のプロ野球ニュースをチェックしてみると、ようやく事の詳細がわかった。
11日に行われたロッテ巨人戦にて、巨人の4番・李承ヨプ(ってスゴい名前やな、韓国の人なんかな?)という選手が、3回2死1塁の場面でホームランを打ったが、一走の小関選手が3塁ベースを踏み忘れたため、李のホームランは帳消しとなり、記録は右中間安打で小関選手がアウト。もちろん得点は0点。
あれ…ちょっと『ドカベン』と違う…。
自分で打って自分でミスした岩鬼の場合と違って、チームの間に溝ができてしまわないかと、いらぬ心配をしてしまうな。これが原因かわからないが、試合負けちゃったしな。


追伸……

次の日のニュースでは、巨人軍が試合のあった翌日に小関選手の走塁シーンが収められたビデオテープを入手して見たところ、小関選手の右足かかとが三塁ベースの上に乗って、ベースがくぼんでいるのを確認したという……何だかなぁ…。
ベース踏み忘れを指摘したロッテの選手と、それを認めてアウトの判定を下した塁審、踏んだ自信がなかった小関選手、塁審の「絶対的な自信がある」との言葉にあっさり引き下がってしまった原監督、責任を問われた時に責任逃れの発言をした三塁コーチャーの西岡外野守備走塁コーチ、小関選手を非難したチームメイトやファンたち……すべてがとってもサブい感じ。
それでなくともサッカーに客取られているのに、残った客もプロ野球というものに大いにシラけちゃったのではないか。

2005年02月06日

シャラポア、東レ・パンパシフィックオープン優勝

マリア・シャラポア

東レ・パンパシフィックオープンの決勝、マリア・シャラポアが、世界ランク1位で大会3連覇を狙うリンゼイ・ダベンポートを降し優勝。順位を1つ上げて世界ランク3位となった。
最近世間が騒ぎすぎで逆に冷め気味なのだけれど、試合を見ちゃうとやっぱりまた惚れ直してしまいますなぁ…。
今日の試合はダベンポートが足を怪我していたようで、シャラポアには有利な試合だったが、腐ってもダベンポートだ。第2セットから強烈なサービスでシャラポアを苦しめた。続く第3セットでもダベンポートの攻勢に圧倒されてしまうが、シャラポアは最後まで集中力が切れず、次第に精彩を欠きはじめるダベンポートを追いつめて6-1、3-6、7-6で勝利。
若くして台頭してきた選手ってのは、試合巧者であるベテラン選手に実力を見せつけられると、心を乱して総崩れとなることも多いのだが、こうした試合で粘りを見せる精神的な強さがシャラポアのスゴいところだねぇ。
ともあれ世界ランク1位まであと2つ。今後の活躍も多いに期待が持てるわい。

2005年01月10日

井上康生、再起をかけた嘉納杯優勝

9日に嘉納杯が日本武道館で行われた。
今大会が復帰戦となる井上康生は、100キロ超級で出場し優勝。

何はともあれホッとしたわい。

2004年12月27日

安藤美姫、全日本選手権連覇

26 日に最終日だったフィギュアスケートの全日本選手権だが、ショートプログラム1位の荒川静香がフリーを棄権し、ショートプログラムで3位だった安藤美姫が逆転優勝という結果となった。
安藤美姫は『トリビアの泉』に出てからやっぱり注目しちゃっているのだよね。彼女を見ると、どうしても眞鍋かをりを連想してしまう。そして安藤美姫も眞鍋かをり同様、やっぱりなんかエロい…。

安藤美姫ってまだ高2なのな。 17歳かぁ…。あの白い歯を見せる笑顔が印象的な彼女、カワイイです。この先も変わらずにいて欲しいものですな。

2004年11月25日

井上康生100キロ超級転向へ

井上康生が、100キロ超級へ転向し再起を目指すとのニュースがあった。
アテネのショックが大きいだけに心機一転、という気持ちはわからんでもないが、先に鈴木桂治が100キロ級で井上康生と決着を着けたいと宣言していただけに、それを避けたというように悪くもとれるので、あまり印象が良くない。
というのも、少し前にタレントの東原亜希との交際報道があり、アテネ五輪以前から付き合っていたとかで、井上康生にちょっと批判的な感情を持っているからだ。東原亜希というのがどんな女か全然知らんが、結果を見る限り下げマンであることは確実。古賀や吉田と違って、それまで朴訥なイメージがあった井上康生だけにタレントとの交際報道は、オイラの中ではかなりショックが大きかった。女なんぞに現を抜かしておるから負けるんじゃ!、と腹が立った。で、今回の階級転向。階級変える前に女と別れんかいっ!ってまたしても腹が立った。

2004年10月09日

シャラポア、AIGジャパンオープンV2

マシュマロ通信2

今大会、序盤調子悪そうで心配だったマリア・シャラポワだが、試合を重ねる度に調子が良くなっていき、決勝ではストレート勝ちでマショナ・ワシントン(米)を下し2連覇を達成した。
シャラポアの試合はいいね。
もちろんテニスの試合自体好きなのだけれど、プレイヤーを見ているだけで楽しいというのは、なんだか2倍お得な感じ。スポーツといえど、やはり容姿の良いに越したことはないと痛感。

2004年08月29日

アテネオリンピック閉会

ようやく安眠できますわい。

メダル獲得結果は以下のとおり。

1 アメリカ 金35 銀39 銅29 計103
2 中国   金32 銀17 銅14 計63
3 ロシア  金27 銀27 銅38 計92
4 豪州   金17 銀16 銅16 計49  
5 日本   金16 銀 9 銅12 計37 
6 ドイツ  金14 銀16 銅18 計48  
7 フランス 金11 銀 9 銅13 計33 
8 イタリア 金10 銀11 銅11 計32  
9 韓国   金 9 銀12 銅 9 計30  
9 英国   金 9 銀 9 銅12 計30 

これは何だろうねぇ。国力と人口順?
国が豊かでないとスポーツなんかやっとられんということか…。

2004年08月27日

新体操予選

オリンピックも興味のある競技が粗方終わってしまい、中休みというか、もう終わりなのかとさえ思ったが、新体操が残っていたのだな。前半盛り上がりすぎて少々疲れたので、力が入らないで見られる競技はいいね。新体操は見ているだけで面白いものな。華があるよ。これを最後にしたプログラムは正解だね。疲れて飽き始めた観客を再び惹き付けるには効果抜群だ。
今日はフープとボールの2競技で、ロシアのカバエバが1位。難易の高いプログラムなんで仕方がないが、新体操は体操とはちがうのだから、難易度を競うのではなく、あくまで芸術性を競って欲しいものだ。審判団は採点の仕方でそうした流れをコントロールしなきゃならんでしょう。

今大会、柔道の審判は随分熟れて来た感があったが、体操では疑問の残る採点が多く、今日もレスリング男子グレコローマン60キロ級の準々決勝で笹本睦が敗退した試合で、シドニー五輪での篠原の誤審を思い起こさせるような、ミスジャッジといってもいいような不可解な判定があった。
平和の祭典なんだからさぁ、不愉快さや禍根の残るような判定は勘弁してもらいたいよ。

2004年08月25日

男子体操、観客のブーイングで採点を変更

種目別の鉄棒で、8選手中3番目に演技をしたアレクセイ・ネモフは、離れ技を6回も繰り出し、会場を大いに盛り上げた。ところが得点は9.725。この低い得点に観客が大ブーイング。あまりの騒ぎで次の競技者であったポール・ハムは演技を始めることができない程。約10分間の中断の後、審判団の協議によって点数が9,762と上方修正された。
競技自体は、ネモフ自身が演技台に上がり、抗議の声に感謝した上で、指を口にあてて制するポーズを繰り返し、ようやく騒ぎは収まった。おかげでポール・ハムは落ち着いて演技ができ、結果銀メダルを獲得。ネモフは5位に終わった。

男子体操、観客のブーイングで採点を変更の続きを読む

2004年08月24日

女子レスリング4人全員メダル獲得

 48キロ級 伊調千春  銀
 55キロ級 吉田沙保里 金
 63キロ級 伊調馨   金
 72キロ級 浜口京子  銅

出場した4人全員がメダルが取れたが、全員金メダルでもおかしくない実力者揃いであったからな、そんなに驚きはしないが、それでもやっぱりスゴい。浜口だけが決勝前に敗退した時には、何ともかわいそうで、銅メダル取れて本当によかった。他3人が金メダルで、浜口だけがメダルなしだったら、あまりにもだからな。そう言えば浜口以外は中京女子大学なんだよな。ちなみに浜口はジャパンビバレッジ。

2004年08月22日

ナディア・コマネチ

adidasのCMでナディア・コマネチが出ていて感動した。
オイラが体操を見るきっかけになったのもナディア・コマネチの演技に感動したからで、彼女がいなかったら、このすばらしい競技を見て楽しむ今の自分はなかったろう。子供の頃にテレビで見た彼女の演技は今もって記憶に残っている。
しかして昨今の体操はどうか。

ナディア・コマネチの続きを読む

2004年08月20日

鈴木桂治・塚田真希ともに金メダル

よしッ! 鈴木桂治の金メダルでようやく井上康生敗退以来の暗い気分が晴れた。前回のシドニー、篠原の誤審で逃した金メダルなだけにその感慨も一入。柔道最後のプログラムでの優勝だったし、これで鈴木まで緒戦敗退なんかしたら立ち直れなかったトコだ。
塚田真希は優勝できるとは思っていなかったが、このクラス中国の孫副明が準決勝で敗れ決勝に上がってこなかったのは非常にラッキーだったと思われ…。

これで柔道はプログラムのすべてが終わった。無差別級と団体戦があっても良かったよな。

アテネオリンピック柔道の成績

終わってみてメダル数えると、なんと金銀合わせて10個! 金メダル8個ってちょっと尋常じゃないな。あぁ、それだけに井上康生の敗退が無念でならん。北京で必ず雪辱を晴らして欲しいゾ。

2004年08月19日

愕然……井上康生まさかの敗退

ありえない…。
さほど期待していなかった選手でさえ金銀を取る今大会。最も期待していた井上康生の金を露程も疑っていなかったのだが、まさか…、まさかの準々決勝敗退…。2回戦目は井上康生らしからぬ優勢勝ちであったが、3回戦目に見事な内股を見せてくれたので、確信が揺らぐことはなかった。今にして思えば、この時点から井上康生の心技体はバランスを失っていたのだが、信じるあまり自分の中で勝手に弁護していた。大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせていた。ところが準々決勝…有効、有効とポイントを取られ、これは何だ…こんなの井上康生じゃない。あれよあれよという間に1本負け…悪夢でも見ているかのようだった。精彩を欠き、終止攻められる井上康生。これまでその攻勢で相手を威圧してきた姿は見られず、ひとまわり体が縮んだかのようにオーラを感じない。この男は誰だ…。オイラの中では、今大会優勝して北京で3連覇のハズだった井上康生…。オリンピックでは団体戦ないから井上康生のアテネオリンピックはこれで終わり。試合終了後、放心してしばらく何もできなかったよ。
本人も相当ショックだったようで、気持ちを切り替えられないまま挑んだ敗者復活戦でも2回戦敗退。もうこの時はまったく動きが鈍くてこれはダメだと思われ、見るのがツラかった。
結局井上康生を降したバンデルギーストは準決勝ショボい試合で敗退。優勝したのは、井上康生でもジャン・スンホでもアリエル・ゼービでもなく、無名のマカラウ(ベラルーシ)。…って誰だよ。

あぁ…まったく期待していなかった阿武教子が優勝したが、素直に喜べなかった。むしろ妬ましささえ感じた。いかんいかん。オイラも心が乱れている…。

2004年08月18日

谷本歩実も金メダル

古賀の愛弟子の谷本歩実が、63キロ級で優勝。

谷本歩実

谷本の柔道は、組手からの投げが早く切れのある技もさることながら、その1本を取りに行く攻撃姿勢が、師匠の古賀稔彦を彷彿とさせ、非常に大好きな選手。今回最も期待していた選手の1人だっただけに、優勝してくれて殊の外うれしいわい。

アテネオリンピック柔道

今年の柔道はおもしろいね。
前回のシドニー五輪では篠原の決勝誤審をはじめ納得のいかない判定が多く、それ以前も世界柔道では欧米的なポイント取得優先、あるいは判定での優勢勝を狙う空技や掛逃げ連発の腹立たしい試合が多かったが、今回のアテネ五輪では、消極的だったり掛逃げには、容赦なく指導が宣告され、さらに判定がなくなって所定時間内に決着がつかなかった場合には、ポイント先取した方が勝ちになる延長戦(ゴールデンスコア)方式が採用されたおかげで、非常に見応えのする試合が多くなった。
昨日の女子63キロ級でも準決勝で、あと十数秒かでポイント優勢勝ち目前だったウルスカ・ゾルニールが、ラスト1秒で指導が宣告され、反則負け(指導4つ)になったのは印象的だった。逆に女子57キロ級で銀メダルを取った横澤由貴は、準決勝で女王サボンにラスト1秒の袖釣込腰で逆転勝ちしたり、他の試合でもラスト何秒かで逆転勝利するケースが見られたりと、積極的な攻撃姿勢や技のしっかりした選手が勝つ、すっきりした柔道が見られるようになり、世界柔道もようやく本来の柔道の意義や精神に近づいてきたと感じる。

もう一つ注目したのは男子81キロ級。オール一本勝ちで優勝したイリアス・イリアディスは、地元ギリシャの選手。この記念すべきアテネ五輪でギリシャの選手が優勝するとは、出来過ぎ。会場もの凄い声援だったものな。柔道でギリシャの選手がいることさえ知らなかった程なのだが、それもそのはずギリシャは柔道人口が5千人(ちなみに最も多いといわれるフランスの柔道人口は50万人)だとか。もちろんギリシャ選手の柔道での優勝は史上初。それにしてもこのイリアディス、おそろしく典型的なギリシャ顔なんで、笑えた。いや悪い意味でなくて…。

男子81キロ級優勝 イリアス・イリアディス

2004年08月17日

男子体操団体 金メダル

結局今日の朝6:00まで見ちゃいました。
接戦でかなり見応えのある展開でしたが、演技自体は全体的にミスなどが多くちょっと残念な感じでした。跳馬での着地が大きく乱れる選手が続発し、落馬、落下など信じられないミスが非常に多かった。何か器具に不具合でもあるのかと疑いたくなるような展開だが、日本選手は落馬・落下もなく、ちゃんと演技できているのだから、それはないのだろう。逆に日本は着地をしっかり決め、大きなミスをしなかったおかげで優勝できたのだとも言える。
それにしても男子体操団体での金メダルは28年ぶりだそうだ。TVで森末とかの時代の輝かしい栄光が白黒映像で流されるが、オイラの知っているオリンピックでは、日本の体操男子団体はあんまり活躍していなかったものな。
この金メダルにケチをつけるワケではないが、体操ファンとしては、ミスで喜ぶ展開よりも、高得点争いをしてくれる方がうれしい。先行の選手が手堅いプログラムで高得点を出せば、後続の選手はこれに勝つためにより難易度の高い技にチャレンジする、それを受けて他の選手も次々と超E難度の技を繰り出す、といった息詰まる展開が見たい。まぁ、団体だからねぇ、選手には技の選択権はないだろうから、監督がチャレンジするかの問題だろうけどね。
昨日は中国の総崩れとルーマニアの鉄棒連続落下、ネモフの落馬は見ていてツラかった。あのネモフが、と目を疑った。
個人戦での高得点争いを期待したい…。

男子体操団体 金メダル

2004年08月14日

野村忠宏・谷亮子ともに金メダル

リアルタイムで見てました。

野村忠宏

60キロ級では野村の相手になる選手はいないね。決勝でも投げ技で1本取って欲しかったのだが、相手のネストル・ヘルギアニ(グルジア)が逃げの一手で叶わず、これは悔しかった。隙を伺って勝つための逃げではなくて、技をかけられまいとする逃げにしか見えなかったが、決勝でああいう戦い方をする柔道家の精神は理解できないな。技をかけられて負けるよりも技をかけられずに負ける方が上とでも思っているものか。まぁ、いいや。それよりも野村だよ野村。野村の3連覇は予想されたとはいえ、実際になってみると、あまりの偉業にしばし興奮が収まらなかったね。しかも日本の夏季五輪金メダル通算100個目だそうだ。出来すぎですよ。それにつけてもオリンピックで3連覇って、12年間だよ。野村29歳だよ。技術の鍛錬というよりも、この長期間肉体と精神を維持することだけでも非常に困難だろう。シドニー五輪の後、柔道から離れ引退も騒がれた。復帰後の講道館杯では準決勝で1本負け、さらに3位決定戦でも1本負け。野村はもう終ったなどと言われたが、野村はここまで来た。めっちゃ感動した。解説のコーチが言っていた。もう誰もこの記録を超えられない、と。だがオイラはもう1人3連覇を期待する選手がいる…。

野村のことばかり熱く語ってしまったが、谷亮子もスゴいよ。女子の2連覇は男子の3連覇に値するといっても過言ではないだろうし、谷亮子の場合、バルセロナ五輪(92)とアトランタ五輪(96)で銀メダルだからね。女子としてはかなり息の長い選手だと思う。しかもただ息が長いってだけじゃなくて、その長期間世界のトップを争い続けてきたのだから。谷亮子も野村と同様シドニー五輪後、若手に負けたり結婚やらで引退を騒がれた時期があったな。オイラ正直言って谷亮子は今回優勝できるとは思ってなかったよ。しかし決勝でのあの気迫はスゴかった。1本勝ちでないのは残念だったが、かなり技かかってたし言葉通り文句のない優勢勝だった。もう引退してイイよ。ゆっくり休んで元気な赤ちゃんでも生んでおくれ。

2004年08月13日

アテネオリンピック

はじまりますな。
アテネなだけに開会式が楽しみです。おそらくギリシャ神話なんかのテイストを目一杯詰め込んだ幻想的なものになるのでしょう。工事がギリギリだとか、リハーサルが十分でないとか良くない噂もありますが、そこはのんびり屋で帳尻合わせが得意なギリシア人気質、何とかしてくれるでしょう。
ギリシア神話劇でもやってくれるとうれしいなぁ。

今回の期待は井上康生と野村忠宏、室伏広治…あと谷本歩実かな。

2004年08月06日

アテネオリンピック日本柔道選手団

今大会の選手陣。期待しているのは野村・井上・谷本。楽しみだ。

男子 60kg級  野村忠宏  29歳
男子 66kg級  内柴正人  26歳
男子 73kg級  高松正裕  22歳
男子 81kg級  塘内将彦  27歳
男子 90kg級  泉浩    22歳
男子100kg級  井上康生  26歳
男子100kg超級 鈴木桂治  24歳

女子 48kg級  谷亮子   28歳
女子 52kg級  横澤由貴  23歳
女子 57kg級  日下部基栄 25歳
女子 63kg級  谷本歩実  23歳
女子 70kg級  上野雅恵  25歳
女子 78kg級  阿武教子  28歳
女子 78kg超級 塚田真希  22歳

2004年07月03日

ウインブルドン決勝

ゆ〜しょ〜!!!!
しかもストレート!!
すごい試合だった。初の4大大会決勝に進出した若干17歳の娘とは思えぬ見事な試合運び。最初から最後まで全く集中力が切れなかったな。ミスがほとんどないばかりか、大事な場面で大胆なショットや、巧妙なロブを使い、3連覇を狙うディフェンディングチャンピオンのはずのセレナがいいように翻弄されるとは、とても想像できなかったことだ。
試合中は強ばった顔をしていたが、試合終了後、笑顔になるとたちまち17歳の女の子の顔になるこのギャップがたまりません。コートの上で携帯かけようとしたのなんて、彼女が初めてなんじゃないのかな。

マリア・シャラポワ

2004年07月01日

マリア・シャラポワ、初の4大大会決勝進出

シャラポワがダベンポートを2-6、7-6、6-1の逆転で降し、4大大会で初の決勝進出ですよ。すごい。前半ミスが目立ち、すごく良い技を出して得点しても、連続して得点できずに苦しんだが、サスペンド(雨天による一時中断)後に気持ちを立て直したのか、俄然猛攻を見せ、ついに逆転ですよ。特に第2試合の攻防はすさまじかったね。ダベンポートは心を挫かれちゃったようで、第3ゲームはもうシャラポワの勢いに押されるばかり。これはひょっとすると優勝するのじゃないのかな。
マリア・シャラポワはロシアの選手でまだ17歳。その容姿もさることながら、金髪のポニーテールに、ユニホームがとてもステキなのです。黒人姉妹や腹の出たオバさんはもういいです。あぁ、決勝が楽しみでならん。

マリア・シャラポワ

2003年09月12日

井上康生

遂にはじまった世界柔道。初日に100キロ級で金デス。オイラとしては無差別級にも出て欲しかったが…。んで無差別級代表は誰なのかと思ったら、今春の全日本体重別で井上康生を敗った鈴木桂治じゃないか。納得。でもやっぱり井上康生の無差別・100キロ2階級制覇を見たかったなぁ。

2003年世界柔道

2002年09月14日

カレリン

今日の『未来への教室』はアレクサンドル・カレリン。偉大な業績とそのビジュアルで、以前からめちゃファンやった。しかし今までは彼のその強さだけを着目してきたにすぎなかった。レスリング教室の子供たちに自分の哲学を語る彼は、驚く程知的で、そして偉大だった。これ程までに人格者だとは、露程も知らなかった。TVのインタビューなんかでは笑顔ひとつ見せたことがなく、無口で人を寄せつけない威圧的な印象があったカレリン。子供たちに優しい笑顔を向けるカレリン、読書するカレリン、子供たちの緊張をほぐす為に冗談を言うカレリン、みな初めて見るカレリンだった。どの彼もめっちゃ素敵で惚れ直した。

2002年08月29日

競泳水着

と、水泳選手特有の逆三体型ねらいで見てたパンパシフィック水泳選手権大会横浜2002。あ、もちろん女子の方ね。男子の部になるとチャンネル回してしまったりと、不謹慎な見方をしてました。20代の完成された肉体もかっちょいいが、10代の未完成な肉体もまた…良いのですな、これが。

2002年07月06日

姉妹再び

全仏に続き、またしても姉妹対決となったウィンブルドン決勝。予想通り妹が勝った。妹のセレナは今日の勝敗に関係なくランキング1位になることが決まっていたのだが、姉も2位。この姉妹の躍進劇はいつまで続く?

2002年06月25日

ウインブルドン決勝

が始った。ワクワクですな。W杯早く終わってくんないかなぁ。韓国の悪い話題しか聞こえてこないんですが、チケット問題やら何やらで、日本も含めて今回のW杯では、開催国は両国ともちっとも得していないような気がするんだけど、どうなんでしょうね。僕にとってはゴールデン枠に陣取って番組スケジュールを乱すやつは何であれ敵に違いない。その点テニスは深夜の一番最後に枠取って誰にも迷惑をかけない。良い心がけだ。

2002年06月09日

全仏女子シングルス決勝

ヴィーナス(姉)とセレナ(妹)によるウィリアムス姉妹対決。顔、胸、ユニフォームどれをとっても妹の方が上なんだよね。

2002年05月04日

韓国北朝鮮

ローザンヌ国際バレエ・コンクールが放送されてたが、今回はアジア出身者が多く内容もボチボチ。相変わらずの仮借ない辛口批評は小気味良かったけどね。